大宮院
ご予約はこちら

大宮院へのご予約・お問い合わせは
下記よりお願いいたします。

電話予約
WEB予約

眼瞼皮膚弛緩

眼瞼皮膚弛緩とは

上まぶたの皮膚が年齢と共に緩んできて、まつ毛の上に皮膚がかぶさり、まぶたが重く感じたり、上の視野が欠けたりする病気です。緩んだ皮膚が原因で涙で皮膚がかぶれてしまうこともあります。

徐々に進行していく事が多いため、自分では気づかないことも多く、他人から言われて初めて気づく方もいらっしゃいます。上の視野が欠けるのを無意識的に補おうとして、おでこの筋肉を使ってまぶたを上げているため、おでこの筋肉が疲れて、慢性的な「頭痛」「肩こり」に苦しんでいる方もいらっしゃいます。

治療法

症例紹介

瞼縁皮膚切除

年齢 72歳(手術当時)
性別 男性
病名
(もしくは術式)
上眼瞼皮膚弛緩症(瞼縁皮膚切除術)
費用
(自費の場合)
121,400円
該当の手術日 2016年7月6日
術後何日目 術後約3年

眉毛下皮膚切除

年齢 72歳(手術当時)
性別 女性
病名
(もしくは術式)
上眼瞼皮膚弛緩症(眉毛下皮膚切除術)
費用
(自費の場合)
121,400円
該当の手術日 2017年5月17日
術後何日目 術後4ヶ月