048-681-0101

受付 8:30〜12:00 14:30〜18:00

ネット予約

眼形成・涙道外来 勝村 宇博

一人でも多くの患者さんをまぶたと涙の悩みから開放する。

勝村 宇博

眼瞼手術と涙道手術のエキスパート

勝村医師は眼瞼下垂など眼瞼疾患の手術と、内視鏡を用いた涙道手術(涙管チューブ挿入術、涙嚢鼻腔吻合術)の専門家です。解剖学的に正しく、見た目も美しい手術を得意としています。

ごあいさつ

私が担当するのは眼形成・涙道外来です。あまり聞きなれない方も多いかと思いますが、それは「年のせいだから」と今まで放って置かれている患者さんが多いからです。
眼形成外来とは、まぶたの病気を眼科的に「眼」を診た上で、形成外科的にキレイに仕上げる外来です。
まぶたの病気とは、

  • まぶたを上げる筋肉が下がって視界が狭くなる「眼瞼下垂」
  • 皮膚が下がって視界が狭くなる「眼瞼皮膚弛緩」
  • まぶたの筋肉が緩んでまつ毛が眼に当たり、ゴロゴロする「眼瞼内反」
  • 一重のためまつ毛が眼に当たりやすく、眼がゴロゴロする「睫毛内反」(逆さまつ毛)

などです。
顕微鏡を使わずに手術をしている施設も多いようですが、顕微鏡を使用すると、段違いで「正確」「丁寧」に手術をすることができます。
当院では、最新の顕微鏡を用い、神経、血管の走行に気をつけながら手術いたします。また、私は日本美容外科学会(JSAPS)、日本美容皮膚科学会にも所属し、審美的な面も妥協せずに手術と向き合っております。「他の病院で手術を受けたけれども仕上がりに満足できない」という患者さんも是非一度ご相談ください。

涙道外来とは、「いつも涙が目からこぼれる」という症状で困っている患者さんのための外来です。
涙は眉毛の奥で作られ、目頭から鼻へ抜けていきますが、様々な原因で「涙がこぼれ」てしまいます。
たとえば、

  • 涙の通り道が詰まっている「涙道閉塞」
  • 白目(結膜)のゆるみ「結膜弛緩症」

などです。
患者さんひとりひとり原因は違います。涙道内視鏡など最新の器械を用いて、オーダーメイド治療をさせていただきます。

私は、聖隷浜松病院の眼形成眼窩外科で、2年間眼形成・涙道の技術を学び、年間約700件の手術と向き合い、自分の技術を向上させています。しかし、残念なことに、眼形成・涙道をきちんと学び、手術をしている医師は日本、特に埼玉県では非常に少ないのが現状です。

私の目標は、自分が習得した技術で、一人でも多くの患者さんがまぶたと涙の悩みから開放されることです。よろしくお願いいたします。

略歴

2006年
札幌医科大学卒
2008年
慶應義塾大学医学部附属病院眼科学教室
2009年
University of Illinois at Chicago(UIC)留学
2010年
埼玉社会保険病院眼科
2013年
聖隷浜松病院眼形成眼窩外科
2015年
県立尼崎総合医療センター

所属学会

  • 日本眼科学会認定専門医
  • 日本形成外科学会会員
  • 日本美容外科学会(JSAPS)会員
  • 日本眼形成再建外科学会員
  • 日本涙道・涙液学会会員
  • 日本美容皮膚科学会会員

著書

  • 眼付属器とその病理(専門医のための眼科診療クオリファイ 10)