048-681-0101

受付 8:30〜12:00 14:30〜18:00

ネット予約

外来

高度眼底検査室

最新鋭の眼底検査機器を数多く導入しました。理事長の板谷は世界初のスペクトラルドメイン光干渉断層計(OCT)の開発に医師として深く関わりました。最新型眼底OCTを3種類導入します。あらゆる眼底疾患の診断に最高のパフォーマンスを発揮できます。なかでも世界で15台めの導入になるPLEX Elite 9000 SS-OCT (ZEISS社)は造影剤なしで広い範囲の眼底血管を撮影できます。OCT以外でも広い眼底を1回で撮影できるオプトス社製カリフォルニア、眼底の局所血流総量を測定できるLSFG、など最新の眼底検査機器を用意しています。すべては正確な診断のためです。

光干渉断層計(OCT)4機種

1.PLEX Elite 9000 SS-OCT

造影剤を使わずに網膜の血管と断層像を広い範囲で撮影できる最新のOCTです。糖尿病網膜症や加齢黄斑変性などの眼底の血管の異常を伴う病気の診断に有用です。当院はARI Networkの審査をパスして世界で15台目が導入されました。

2.ハイデルベルグスペクトラリスHRA+OCT

レーザーによる眼底像や蛍光眼底造影とOCT画像を同時に取得できるOCTです。特に、加齢黄斑変性などの黄斑疾患の診断に威力を発揮します。蛍光眼底造影では動画撮影も可能です。理事長の板谷は、このOCTを用いて「OCTアトラス」(医学書院)を執筆しました。OCTのバイブルハンドブック「Everyday OCT」の6章ハイデルベルグスペクトラリスの項の執筆も行っています。

3.スウェプトソースOCT DRI OCT Triton

理事長の板谷は2005年に世界初の発売になったトプコン社と筑波大学の安野教授によるスペクトラルドメインOCTの開発に参加し世界の注目を集めました(図は最も権威あるOphthalmologyの表紙を飾ったもの)。眼底写真と組み合わせたOCT装置で、これが次世代技術スウェプトソースOCTへ進化したのがDRI OCT Tritonです。眼底写真、red free, FA, FAFがオールインワンで撮影でき、眼底の病気のスクリーニングに威力を発揮します。

4.CASIA II 前眼部OCT

眼底ではなく眼球の前の部分専用のOCTです。角膜前面から水晶体後面まで一度の撮影で撮れます。白内障手術における眼内レンズの度数や乱視矯正軸決定が最も正確になります。若い頃メガネいらずだった方に多い閉塞隅角症や閉塞隅角緑内障の診断にも威力を発揮します。円錐角膜など角膜の病気の解析も可能です。

超広角走査レーザー検眼鏡「オプトス・カリフォルニア」

広角眼底写真撮影装置です。通常の眼底カメラは画角45度前後の範囲しか撮影できませんが、この機種は無散瞳で画角200度の広い範囲を1回で撮影できます。糖尿病網膜症や網膜裂孔に威力を発揮します。蛍光眼底造影を行えば糖尿病網膜症の無灌流領域を端まで見逃しません。

レーザースペックルフローグラフィー「LSFG-NAVI」

眼底血流画像化システムです。眼底の血流状態をリアルタイムな2次元画像として観察することができます。糖尿病網膜症や網膜中心静脈閉塞症において網膜がどの程度虚血になっているかを判定するのに有用です。

超音波画像診断装置UD-8000

超音波は光の届かない部位へも届くため眼球全体や眼球の後ろの情報も得られます。白内障や硝子体出血で眼底が見えない目でも眼底のラフな情報を得ることができます。

屈折検査および視力検査室

  • 液晶視力表CV7000

    大きな指標、小さな指標を併せ持つハイブリット視力表です。

  • オートレフラクトメーターRC—01

    フルオートの屈折検査機器です。三次元オートアライメントにより、1回ボタンを押すだけで両眼のケラト測定とレフ測定を完全自動で行うことができます。

  • 光眼軸長測定装置 OA-2000

    眼内レンズの度数決定に必要な眼軸長や角膜曲率半径、前房深度を測定する機器です。

  • ベリオンリファレンスユニット

    角膜屈折力と乱視軸の測定を行います。白内障手術で乱視を矯正できる眼内レンズを挿入するときに、正確な眼内レンズ挿入をサポートします。外来の検査データが手術中のガイダンス機能に直接取り込まれ正確な乱視矯正手術が可能になります。多焦点眼内レンズの使用に必要な高い精度の手術をサポートします。

  • 非接触式眼圧計 ノンコンタクト トノメーターFT-01

    点眼麻酔なしで眼圧を測定できる機器です。

  • アイケアPRO手持眼圧計

    手持ちなので寝たきりの患者さんや赤ちゃんでも計れる眼圧計です。点眼麻酔も必要ありません。

  • スペキュラーマイクロスコープ EM4000

    角膜が透明であるために重要な役割をはたす角膜内皮細胞の数や形、大きさを調べる機器です。コンタクトレンズによる角膜内皮細胞減少や白内障手術など内眼手術後の減少の程度を確認します。

  • マイボペン

    非接触でマイボーム腺が非侵襲的かつ容易に観察出来ます。

  • Contrast Glaretester CGT-2000

    近方・中間・遠方でのコントラスト感度検査を行う機器です。検査環境(明所・暗所)を設定できるため、より的確な検査が可能です。また、白内障手術前・手術後の比較、屈折矯正手術後の経過観察など、選択したデータを瞬時にグラフ化することで診断し活かすことができます。

  • アイネクスト(瞳孔記録計)VIP-300

    多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術の術前検査では、瞳孔径の記録が重要であることが分かってきました。VIP-300は小型で簡便に瞳孔径を測定することが可能です。
    2種類の測定モード(光刺激なしモードと3段階の光度により瞳孔径測定モード)から選択でき、状況に合わせた測定結果を得ることができます。測定完了後、結果がすばやく表示されます。

視能訓練室・ロービジョン室

3D ビジュアルファンクショントレイナー

両眼開放下と広い視野という最も日常視に近い状態で、様々な弱視斜視両眼視関連の検査及び訓練が可能です。明室で検査ができます。ゲーム性を持たせ楽しんで訓練できるアプリケーションにより長時間小児の興味を引くことができます。静的立体視だけでなく、動的も加わり立体視し易い視標を提示できます。融像能力を高め訓練効果を上げる映像を提示することも可能です。

シノプチスコープ

斜視や弱視の検査、視能訓練に用いる機器です。

視野検査室・網膜電図室

緑内障治療の標準視野計となっていますハンフリー静的視野型を3台設置可能なスペースを確保しています。
現在2台稼働中です。他にゴールドマン動的視野計、網膜電図記録装置を設置します。

  • HFA860 ハンフリー視野計

    視野の障害を調べる静的視野計です。緑内障の管理においてゴールドスタンダードな視野計です。スクリーンのいろいろな箇所に小さな光が映し出されます。光は動かないため静的視野検査といいます。

  • ゴールドマン視野計

    見えている範囲と感度の分布を調べる機器です。1点を見ている時に、どのくらいの範囲まで見えるのかを調べます。ドーム状のスクリーンに小さな光が映ります。光の場所が移動するため「動的視野検査」といいます。

  • 網膜電位計 RETeval レチバル コンプリート

    無散瞳・皮膚電極仕様の網膜電図(ERG)測定装置です。従来のように電極付きコンタクトレンズを目にはめる必要がなく、手持ち式で小型であるため座位で測定できます。

診察室

診察室は4診用意しています。広い余裕のある空間を実現し、コ・メディカル用と医師用の2つの動線を確保しております。患者さんと医師の間に4Kの大画面を設置して、その日検査して得られた眼底写真やOCT画像をお写ししながら説明できるようになっております。

中待合室

診察待ちや散瞳検査(眼底画像検査)待ちのための待合室です。