白内障について

  • HOME
  • 白内障について

白内障について

白内障について
白内障とは、眼の中にある「水晶体」が徐々に濁ってきて見えにくくなったり眩しくなる病気です。 「水晶体」とは、外から入ってきた光を屈折させ、網膜にフォーカスを結んで像を写す組織で、カメラのレンズのような役割を果たしています。よく見えるためには水晶体が透明であることが必須なのです。水晶体が濁ると、見えにくくなるだけではなくさまざまな症状がでます。 正常 透明な水晶体は光を十分に通します 白内障 水晶体がにごり、光が通りにくくなります 角膜 水晶体 虹彩 硝子体 網膜 白内障は、一般的に、加齢に伴って発症加齢に伴って発症することが多い病気です。 白内障は、80代になると、ほとんどの人が何らかの形で発症しているといわれているほど一般的な病気ですが、早い場合では、30代、40代でも発症してしまうこともあります。 そのような、国民病ともいえる白内障ですが、放置しなければ失明する病気ではありません。ただ、白内障は薬では治りません。白内障の進行を抑えるために点眼薬がありますが、これを使用しても徐々に進行していきます。白内障は手術で治ります。白内障の手術は、濁った水晶体の中身を取り出し、代わりに「眼内レンズ」を挿入する方法です。白内障の手術は、国内では一年間に百数十万件も行われている、いまでは一般的な手術です。(「白内障の治療」) 白内障手術は、「眼内レンズ」の進歩により単に濁りを取り除き見る力を回復するだけではなく、強い近視などの屈折異常、乱視、さらには老眼までも治せる手術へと進化してきました。 年齢别白内障発生率

白内障の見え方・白内障の症状

白内障の見え方・白内障の症状 白内障の見え方・症状はさまざまです。水晶体の濁り方にさまざまなタイプがあるためです。白内障は視力が落ちるだけではなく、次のような自覚症状があります。視力が落ちる以前から起こりえます。運転免許証の資格は矯正視力0.7以上とされていますが、たとえ視力が1.0あってもまぶしさやものが何重にも見えると運転が危険です。白内障による見え方の異常を理解して、今のあなたの仕事やライフスタイルにリスクや支障がないかをチェックすることが大切です。 白内障の主な症状は4つ
  • 光がまぶしい
  • 暗いときと明るいときで見え方がちがう
  • ものが何重にも見える
  • 視界がかすむ
本来透明な水晶体が濁ると、光がちゃんと目の中に入らなくなります。目の中に入る光が減るため、かすんだり、ぼやけたり、暗くなります。重症になると曇りガラスを通してものを見ているようなかすんだ状態になります。では、目の中にちゃんと入らなかった光はどうなるのでしょうか?光は濁りにより様々な方向へ乱反射してかたちを成さないまぶしさを感じるのです。まぶしさは、視力が落ちる以前から起きる場合があります。人の眼は、暗い場所では、多くの光を眼に取り込もうと瞳孔が開かれます。白内障により、水晶体に濁りがあると、大きく開かれた瞳孔を通して水晶体全体の濁りに光が反射するため車のライトや街灯を昼間よりも眩しく感じることがあります。 ③のものが何重にもダブって見えることは、水晶体乱視とよばれ、角膜が原因の角膜乱視とは区別されます。水晶体のにごりの強い部位と弱い部位が生じると回折現象が生じて発生するとされています。角膜乱視の場合は、ものは縦や横に2重に見えますが、3重に見えることはありません。水晶体乱視は3重以上にダブって見えることが多いのです。角膜乱視はメガネやコンタクトレンズで矯正できますが、水晶体乱視は白内障手術でしか治すことができません。 進むスピードは? 白内障は本来年単位で進む、きわめてゆっくりした病気です。しかし、月単位で見えにくくなってくることがあります。その理由は2つあります。実は、いかに濁りがひどくなっても、濁りの少ない隙間が瞳の中にあると視力は出るのです。その隙間の濁りが進むと急に見えにくくなってきます。もう一つは、白内障の中には急に水晶体が膨張してくるタイプがあり、膨化白内障といいます。これはハイリスク白内障の1つであり、何気なく手術するとトラブルが起きます。 いつ手術を受けるのが良いですか? 白内障が手術でしか治せないとしたら、いつ手術を受けるのが良いのでしょうか? 以前は矯正視力の低下のみが注目されましたが、現在は高齢者の方が運転し、スポーツをし、趣味を楽しむ時代、まぶしさやものが何重にも見えることが問題になります。車を頻繁に運転される方は「夕方や夜間の運転が怖い」とよくおっしゃいます。夕方は暗くなって見えにくく感じ、夜間はヘッドライトや街灯などが大きな光の輪(ハレーション)になって、周囲の車や人がそのハレーションに飲み込まれてしまって見えないというのです。 こうした自覚症状が進んでくると、しだいに日常生活にも支障をきたしてきます。しかし、その日常生活のありかた(=ライフスタイル)は、高齢者により大きな幅がある時代になりました。まず、ご自分の生活をイメージしていただき、ご自分の生活にとって不都合な見え方が意識されたら手術のタイミングだと思います。 その具体例を挙げてみましょう。
  • なんとなく視界がかすんで鬱陶しい
  • 自動車免許の更新ができなかった(両眼矯正視力0.7未満)
  • 天気の良い日にはまぶしくて困ることが多い
  • 夜間光が眩しくて運転が恐い
  • 月が何重にも見える
  • 老眼鏡をかけても活字が読みにくい
  • ゴルフやテニスなどのスポーツに不便を感じるようになった
  • 距離感がなくなってきて、階段の上り下りが不安だ
  • 室内では問題ないが、日差しの強い屋外では見えにくくなる
  • 長時間の読書は目が疲れてできない
  • 眼鏡を作り直そうと思ったが、視力が出ないといわれた
他にも、次のような場合、医師は手術が必要と判断します。
  • 急性緑内障発作を起こしたか、起こす可能性が高いと判断できる場合
  • 眼底の病気があるが眼底の診察が十分できないほど白内障が進行した場合
  • 白内障がすすみ視野検査など緑内障の病状管理に支障がある場合
【補足】 水晶体の濁り方(下図参照) 先に述べたように水晶体の濁り方はさまざまです。主な濁り方を見てみると以下の4タイプに分けられます。実際は、2タイプ以上の濁りがあることが多いのです。 白内障の濁りタイプ核白内障 皮質白内障 前嚢下白内障 後嚢下白内障
  • 核白内障
水晶体の中心部にある核が黄色く濁ります。濁りの程度は5段階に分けられます。濁りのわりには意外と視力は保たれていることが多いですが、目の中に光が入る量は減りますので若い頃よりも暗く見えています。しかし、本人は気がつかないことが多いのです。手術を受けると、「世の中はこんなに明るかったんだ」と感じる患者さんが多いのです。核白内障は光を屈折させる力が強まり近視が進むことがあります。
  • 皮質白内障
水晶体の核の周りを包む皮質が濁ることをいいます。光が様々な角度に反射・散乱するために光を眩しくなります。物が何重にもダブって見える原因にもなります。
  • 前嚢下白内障
水晶体のふくろの前の部分を前嚢といいます。前嚢に線維化した硬い濁りが生じます。アトピーの方の白内障に見られることが多いタイプです。濁りが広がり瞳に重なると急に見えなくなります。
  • 後嚢下白内障
水晶体のふくろの後ろの部分を後嚢と言います。後嚢に塩が吹いたような濁りを生じます。視力が低下しやすい濁り方です。ステロイド白内障や糖尿病の方に多いです。かすんだように見えなくなります。
白内障の進み具合(核白内障の場合)
白内障の濁り具合を核白内障でみてみましょう。核白内障の場合、下記のように5段階に分けられます。グレード3を越えると視力が落ちてきます。グレード4以上になると核が硬くなっていることが多く手術難度はやや高まります。遅くともグレード3で手術を受けていただきたいと思います。白内障も放置すると真っ白な成熟白内障になります。白内障という病名の由来です。もっと放置すると溶けてきて水晶体核がずり落ちてきます。過熟白内障といいます。 核白内障の核硬化の5段階分類 グレード1 グレード2 グレード3 グレード4 グレード5 進みすぎた白内障 成熟白内障 過熱白内障

白内障の原因

白内障で水晶体が濁る原因は、たんぱく質の変化にあります。白内障の水晶体の細胞の中には、「クリスタリンタンパク」というたんぱく質の異常変質が認められます。 この「クリスタリンタンパク」というたんぱく質は、ミクロには秩序だった構造をつくっており、水晶体の働きの1つであるである光を通すための透明性を保っています。そして、マクロにはマーブルチョコのような凸レンズ形状をつくり、光を曲げて網膜にピントを合わせる働きをしているのです。 しかし、「クリスタリンタンパク」を構成しているアミノ酸が、様々な要因によりストレスを受けることで、不整な塊に変化して透明性を失っていくのです。そうなることで、光が眼の奥に届かなくなったり、反射して眩しくなったりするのです。 白内障の原因 このようなたんぱく質の変異を起こす原因として「酸化ストレス」が考えられています。「酸化ストレス」が発生する原因としてさまざまなものがありますが、誰にでも起きるのが加齢によるものです。この加齢に伴う白内障が最も多いのです。その他、紫外線や、眼への衝撃、放射線、糖尿病、ステロイドなどもあります。

白内障の予防

白内障の原因は酸化ストレスの蓄積で加齢とともに増えていきます。日々の酸化ストレスから守る事は白内障の予防につながります。睡眠不足、喫煙、紫外線、脱水状態、その他、酸化ストレスを蓄積する要因は多くあります。 日々、酸化ストレスを回避することにより、白内障の予防や、さらには発生時期を遅らせることにもつながります。しかし、現在のところ、一度なってしまった白内障の濁りは薬では治せません。薬は進行の抑制、または予防のみです。日常生活に特に大きな支障がない場合には、点眼治療を行い、予防や、進行を抑制します。※白内障の薬剤は、医師の処方が必要ですので、一般的なドラッグストアでは手に入りません。

白内障の検査

白内障の検査は、「白内障かどうかを診断するための検査」と、「白内障の手術が決まった時の術前検査」の大きく二つに分けられます。さらに、術前検査には、「白内障手術を行うための検査」と、「術後の見え方を決めるための検査」があります。 白内障かどうかを 診断するための検査 白内障の手術が決まった時の 術前検査
  • 手術のための 検査
  • 術後の見え方を決めるための 検査
A.白内障かどうかを診断するための検査は、白内障の手術が決まった時の検査の一部になりますので一緒に後述します。 B.白内障の手術が決まった時の術前検査 1.手術のための検査
  • 細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査
眼球の前方部分の結膜、角膜、前房、虹彩、瞳孔、水晶体などが検査でき、特殊なレンズを用いると後眼部の硝子体や網膜の状態まで検査できます。水晶体の硬さ、前房の深さ、角膜の濁りなど手術のリスクを知るために重要な検査です。
  • 角膜内皮細胞検査
角膜内皮細胞は角膜の透明性を保つ働きをしています。白内障手術により角膜内皮細胞は減ります。500個/mm2を下回ると水疱性角膜症となり角膜は濁ってしまいます。術前の角膜内皮細胞の数に余裕があるかどうかは重要な情報です。
  • 網膜電図検査(ERG)
白内障が進みすぎて眼底検査で眼底が見えないときに、網膜の機能があるかどうかを知るために行います。
  • 超音波エコー検査
ERGと同様に、水晶体の濁りが進行しすぎて眼底が見えない場合、網膜に大きな異常が無いかを知るために行います。
  • 光干渉断層計(OCT)
近年では、光干渉断層計(OCT)という、網膜の断層を観察できる検査が必須となってきました。この検査のおかげで、早期発見が難しかった眼底の異常が発見できるようになりました。この検査で術後の矯正視力が予想できます。筆者である板谷は、現在普及しているスペクトラルドメイン光干渉断層計(OCT)の世界初の開発に医師として深く関わりました。はんがい眼科は最新の光干渉断層計(OCT)を4機種完備しています。
  • PLEX Elite 9000 SS-OCT
  • ハイデルベルグスペクトラリスHRA+OCT
  • スウェプトソースOCT DRI OCT Triton
  • CASIA II 前眼部OCT
2.術後の見え方を決める検査 言い換えると眼内レンズを選ぶための検査です。
  • 屈折検査
近視なのか遠視なのか?乱視があるかないか?あるとしたら、その程度と向きは?など、術前の見え方を理解します。
  • 角膜曲率半径・眼軸長測定
使用する眼内レンズの度数決定に必須な検査です。角膜曲率半径は角膜のカーブの強さです。眼軸長とは、目の前後の長さです。
  • 3次元前眼部OCT
目の前の方(前眼部)のかたちを捉える機器はいろいろありますが、3次元前眼部OCTが最も優れており、角膜の前面だけではなく後面も測定して、真の乱視を測定できます。 検査機器について詳しく知る

追補:OCTでわかる術後の視力

OCTは網膜の断層像を5~7ミクロンの高い分解能で撮影できる診断機器です。網膜は10層構造と言われますが、OCTにより網膜の10層構造や細かい病変まで描き出してくれるのです。 網膜の一番機能の高い部位、つまり一番よく見える部位、は網膜の中心にある黄斑なのです。人の高い視力は黄斑によってもたらされるのです。OCTで黄斑を観察すると黄斑の高い機能が保たれているかどうかがわかります。白内障で視力が低下している方が、白内障手術を受ければ、どれくらい視力が回復するかは重要な関心です。OCTである程度術後の視力が予想できるのです。 OCTで見る黄斑の正常な姿の特徴は以下の2つです。
  • 中心にきれいなくぼみがある
  • 4本のラインが並行に並んでいる
  • 神経線維層が上下対称である
追補:OCTでわかる術後の視力 OCTでみる正常な黄斑の姿 解説しましょう。黄斑の中心(中心窩といいます)には、物のかたちを映し出す光を受け止める細胞(=視細胞)しかないといっても過言ではありません。網膜には、視細胞が受け取った光のもつ映像情報を効果的に脳へ伝えるために、幾種類かの細胞がひしめきあっていて、その分の厚みがあります。中心窩はほとんど視細胞だけなので周りよりも薄い(=中心窩陥凹)のが正常な姿なのです。中心窩は光をありのままに受け取るために、視細胞以外の細胞が存在することすら許さないのです。その結果生み出される中心窩のくぼみはレンズ的な効果を発揮して鮮明なビジョンに重要な働きをしているともいわれます。この中心窩のくぼみは、膜(黄斑前膜)による引っ張りや血管からの水漏れによるむくみ(糖尿病黄斑浮腫、加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症などで)により失われてしまうのです。くぼみがあれば大丈夫です! 4本のラインとは何でしょう?上から「薄くて細いライン、太いライン、太いライン、一番太いライン」となっています。実は、上から3本のラインは網膜の視細胞の健康を表し、一番下のラインは網膜の土台の健康を表します。視細胞が障害されると、上から3本のラインが乱れるのです。一番下のラインが乱れると加齢黄斑変性など網膜の土台の病気になりやすいのです。 最後に、網膜の一番上にある厚い層が神経線維層です。網膜が受け取った視覚情報は神経線維層を通って脳へ伝わります。緑内障などでは神経線維層を走る神経線維が減りますので神経線維層が薄くなります。つまり、網膜が光を受け止めても脳へ伝えにくくなりますので、見えにくくなるのです。健康な黄斑は上下に対称な神経線維層が保たれています。

白内障の治療

白内障治療の歴史について

白内障手術については、紀元前800年頃のインドで記録が残っています。その方法は、麻酔もせずに針で眼球を刺し、水晶体を脱臼させて硝子体内に落とすという今から思えば信じられないような方法(墜下法)でした。 日本には室町時代初期にインドから中国を経て白内障手術が伝わりました。しかし、やはりその手術方法は、針で眼球を刺し、水晶体を脱臼させて硝子体内に落とす方法でした。このような方法では、落とした白内障が眼底で問題を起こすリスクがありますし、明るくはなりますがピントが合わず元のような見え方に戻ることはありません。その後19世紀に入り、角膜を切って水晶体を目の外に取り出す「摘出術」が行われるようになりました。しかし、水晶体を丸ごと取り出すために目を大きく切開する必要があり目の負担が大きく問題が生じやすい術式でした。また、取り出した水晶体の代わりが無かったため、やはりピントの合わないぼやけた見え方でした。 水晶体の中身を超音波で粉砕して取り出す「超音波乳化吸引術」と「眼内レンズ」が開発され、今日の安全な白内障手術の基礎ができあがりました。また、病気を治すだけではなく、見え方も選べる時代になってきたのです。

白内障治療の成功とは

現在は医療機器も医療技術も進歩を遂げ、白内障手術の成功は、ただ単に濁った水晶体の中身を取り出し、眼内レンズを挿入し、手術後に患者さんの見る力(矯正視力)を回復させるだけではなく、患者さんお一人おひとりのライフスタイルに合った見え方を選ぶことが重要視される時代になりつつあります。 手術前にそれぞれの目のかたちを精密に計測し、患者さんの求める見え方やライフスタイルを考慮して最適な眼内レンズの種類や度数を決定し、狙った位置に眼内レンズを固定することで、より良い結果が得られるようになっています。 水晶体を細かく砕いて吸引する機械(超音波乳化吸引術)の進歩と折りたたんで挿入できる眼内レンズの進歩とともに、最近では、創口のサイズは3mm以下になっています。水晶体の中身をそのまま取り出していた時代は、10 mm以上の切開が当たり前でしたし、超音波乳化吸引術で創口が小さくできても折りたためない眼内レンズでは6mmほど切開する事が普通でしたので、乱視を引き起こすなど多くの問題がありました。創口が小さくなったことで、手術後の縫合が不要になったり、出血が少なく済んだり、術後の視力回復が速いなど患者さんの負担も軽減されています。 そして、水晶体の代わりに挿入する人工のレンズである「眼内レンズ」の進歩は目覚ましいものがあります。 眼内レンズは一度挿入したら、基本的に入れ替える必要がありません。コンタクトレンズのようなお手入れも必要ありません。手術がうまくいけば空気のように当たり前で意識することのない身体の一部となるのです。お一人お一人の快適にものを見る生活をずっと守ってくれるのです。

白内障の治療について

treatment_img01-1
白内障を治す方法は、手術が唯一の手段です。手術により、濁った水晶体の中身を除去し、代わりに眼内レンズを入れることで治るのです。 白内障の手術では、「見る力(=矯正視力)」が甦るだけでなく、お一人おひとりに最適な眼内レンズを選択することで、自分の不便な屈折を選びなおし、自分のライフスタイルや仕事に合った「快適なものを見る生活を実現する」ことができることが、ますます重要になってきました。 白内障の治療について

ハイリスク白内障について

ハイリスク白内障について
しかし、ひとくちに白内障といっても、手術の難しい「ハイリスク症例」や「眼底に病気のある症例」があり、総合的に診断し治療法を決めることが重要です。 手術が難しい「ハイリスク症例」では、水晶体の袋や水晶体を固定している線維(チン小帯)が弱くなったり、部分的に切れている症例、角膜と水晶体の間にある空間(前房)が狭くなっている症例、水晶体核が極度に硬化している症例、水晶体が膨化してパンパンになっている症例などがあります。 前立腺のお薬を飲まれている方も黒目である虹彩が弱くなって手術が難しくなります。IFIS(Intraoperative Floppy Iris Syndrome:術中虹彩緊張低下症)といいます。また、緑内障の手術歴がある方も同様にハイリスク症例といえます。 当院では、このような「白内障のハイリスク症例=ハイリスク白内障」に対して安全に手術を行うための引き出しを多く持ち、ハイリスク白内障の治療を得意としています。 また、ハイリスク白内障で起こりうる水晶体の袋やチン小帯の破損や水晶体の核の落下にも硝子体手術の技術を用いて万全の対応をします。眼内レンズを袋の中に固定できないチン小帯断裂の目にも、眼内レンズを目に挿入する技術があります。糸で固定したり(=眼内レンズ縫着術)、目の壁の強膜に固定する方法(強膜内固定術)を行います。 山根式強膜内固定術 当院は、緑内障と眼底疾患のエキスパートですので、白内障の陰に潜む緑内障や眼底疾患も見逃しません。ハイリスク白内障手術に対しては、特殊な方法で安全な手術を行うとともに、緑内障と眼底疾患の診療技術を駆使してどんな問題にも対応いたしますのでご安心ください。 ハイリスク白内障 – CASE1 「水晶体の袋を固定している線維(チン小帯)が弱くなっていたり部分的に切れている場合」 ハイリスク白内障 – CASE2 「角膜と水晶体の間にある空間(前房)が狭くなってしまっている場合 = 浅前房(せんぜんぼう)・狭隅角(きょうぐうかく)」 ハイリスク白内障 – CASE3 「前立腺のお薬を使用している方」 ハイリスク白内障 – CASE4 「硬い核」 ハイリスク白内障 – CASE5 「成熟白内障、膨化白内障」 ハイリスク白内障 – CASE6 「過去に緑内障の手術を受けたことがある場合」 白内障の手術について詳しく知る

ご予約・お問合せは
お気軽に

患者さんのより近くにいて医療を実践し、正確な診断と確かな手術技術で
みなさまの人生を失明から守ります

pagetop