3焦点眼内レンズ パンオプティクス

  • HOME
  • 3焦点眼内レンズ パンオプティクス

NEW先進医療に3焦点眼内レンズが選択可能に

米国のアルコン(Alcon)社が2017年に発売された3焦点眼内レンズのパンオプティクスが、国内では20194月に認可されました。すなわち、先進医療対象となる最初の3焦点眼内レンズです。

幅広い距離において、より快適な見え方を

従来の3焦点眼内レンズにおいては中間距離のピークが80cmですが、一般的なコンピューター操作などの快適な中間距離は60cm程度と言われています。パンオプティクスはそこに着目し、中間距離の加入度数を他の3焦点眼内レンズより強くしたことで、中間距離のピークを60cmに設定しています。

そのため、パンオプティクスはコンピューターや書類を多用するオフィスワーク、料理、スマートフォンを中心とする現代の日常生活に馴染むことができます。

高い光利用率

高い光利用率(88)を持ち、すべての距離において鮮明な視覚の質を提供するように設計されています。

患者様の瞳孔径による見え方のパフォーマンス低下を軽減

光の半分を遠方に配分し、残り半分の光を近方と中間に等しく配分することで、すべての距離において美しく見えるように配慮する設計となっています。また、4.5mmという回折ゾーンを使用することで、患者様の瞳孔径による見え方のパフォーマンス低下を軽減しました。

乱視の矯正が可能

パンオプティクスには乱視矯正用のレンズもあります。もともと長年単焦点眼内レンズとして定評のあるアクリソフという形状を使用しているため、眼内レンズの固定の安定性が高くなっています。さらに、ALCONR オンライントーリックカリキュレーターを使用することで術後乱視の数値を予測し、矯正の適正化を図ります。

ご予約・お問合せは
お気軽に

患者さんのより近くにいて医療を実践し、正確な診断と確かな手術技術で
みなさまの人生を失明から守ります

pagetop