048-681-0101

受付 8:30〜12:00 14:30〜18:00

ネット予約

オルソケラトロジー

寝る前に特殊なハードコンタクトレンズを装着し、睡眠中に近視を改善するオルソケラトロジーについてご紹介します。 近視はメガネやコンタクトレンズで矯正することが可能ですが、メガネ、コンタクトレンズを使用したくない方のための治療の選択肢が増えています。以前からレーシック手術が一般的に広く知られるようになりましたが、最近では水晶体の前にコンタクトレンズを挿入して近視を治すICL(眼内コンタクトレンズ)が、普及し始めました。
レーシックもICLも「手術」という分類になる一方で、オルソケラトロジーは目を切ったり、眼内に異物を入れたりすることが無いため、コンタクトレンズの扱いができれば気軽に始めやすい治療です。

角膜を削らずに角膜のかたちを変えて近視を治す

オルソケラトロジーとは、下の図のように角膜の形状を変化させることで近視を矯正する治療法です。

レーシック手術は角膜を広く切り中身を削って厚みを減らします。このため、ドライアイ、コントラストの低下、ハロー・グレアの増加(※)が起きることが知られています。また、将来的に白内障手術を受ける上で眼内レンズの度数決定に狂いが生じるリスクを抱えることになります。
オルソケラトロジーは角膜を削らないため、このようなデメリットを極力抑えることが可能です。

※ハロー・グレアとは、夜間の暗い場所で光がにじんで見えたり、信号の光などがぼやけて見えたりすることがある現象をいいます

オルソケラトロジー治療のメリット

眼鏡、コンタクト、レーシックなどいくつかある視力矯正の中で、オルソケラトロジーを取り入れることで、下記のようなメリットがあります。

  • 日中裸眼のため、激しいスポーツをしてもメガネやコンタクトのようなズレや外れることがない
  • 花粉症の季節など、点眼治療を併用して行うことが可能
  • 角膜を削ることがないため、将来的な目の治療に影響を及ぼすことがない
  • 小学生から始めることができ、角膜の柔らかい子どもの時期に始める程効果が出やすい

近視は発症する年齢が若いほど進行も早くなります。オルソケラトロジーは角膜の柔らかい子どもに特に効果を発揮すると言われているため、幼少期の近視予防に適している治療と言えます。

オルソケラトロジー治療の適性

反対に、オルソケラトロジーを受けることができない方は

  • 強度近視のある方
  • 乱視の強い方
  • レーシック手術を受けたことのある方
  • 極度のドライアイの方
  • 遠視、老眼の方

主に上記に当てはまる方ですが、詳細は受診時に確認させて頂きます。

学童期のライフスタイルが近視を決める?

最近では、オルソケラトロジーにより学童期の近視化を抑制できるのではないかという期待が寄せられています。
通常、人の視覚は生まれてから8歳ぐらいまでにほぼ完成します。一方、ピントの位置合わせに重要な「眼軸」という目の奥行きは、8歳~15歳の学童期に活発に伸びます。生まれたばかりの人の目は眼軸が短くて遠視の状態ですが、ライフスタイルに応じて眼軸が伸びていき、遠視が減り正視に向かいます。ところが、この時期に室内で過ごす時間が長くなるほど、近くばかり見るアンバランスのために眼軸が伸びすぎて近視が強くなる傾向があるのです。最近では室内での勉強や遊びの他に、スマートフォンやタブレットを利用して遊ぶお子さんが増えています。こういった偏ったライフスタイルが眼軸の過度な伸長を引き起こし、強い近視となってしまうのです。

近視を予防するには

いわゆる“外遊び”をすることが主流とも言えた時代では、自然と遠くの物を見る時間が長くなり、近視を抑制できていました。1日1時間以上、外遊びをすると近視禁止の進行が13%、抑制されるという研究結果があります。一度伸びてしまった眼軸長は戻すことはできません。そのため、学童期には外遊びや野外スポーツをしっかり取り入れバランスの良いライフスタイルの生活が望ましいのです。

なぜ近くを見る時間が長いと近視になるのでしょうか

遠視の状態では網膜の後ろにピントが合っているため、そのピントを追いかけるように眼軸が伸びて遠視を解消しようとします。近くを見たときのピントは遠くを見たときのピントよりも後ろにきます。このため、近くばかり見ていると、過度に眼軸が伸びてしまうのです。
通常のコンタクトレンズやメガネで近視を矯正した場合、網膜の中心にはピントが合っていても周辺の網膜では網膜の後方(遠視側)にピントがずれています。このため、このピントを追いかけるように眼軸がさらにのびてしまうのです。ところがオルソケラトロジーで矯正した場合はこの周辺網膜のピントのズレが起こりにくいため眼軸を引き伸ばす刺激が生じず、その結果近視の進行を抑制すると考えられています。
ご不明な点がありましたら、お気軽にはんがい眼科へお問い合わせ下さい。