大宮院
ご予約はこちら

大宮院へのご予約・お問い合わせは
下記よりお願いいたします。

電話予約
WEB予約

黄斑疾患

近年黄斑疾患が増加しています。
「真ん中が見えない」「歪んで見える」などの自覚があれば、まずは眼底検査を受けることが重要です。

アムスラーチャートによる黄斑疾患の見え方

多様な黄斑疾患

黄斑疾患は、加齢黄斑変性など頻度の高い疾患からレアな疾患まで多種多様です。
まずは、正確な診断を行い、患者さんに合わせた治療法を決定することが必要です。

原因で3つに分類

診断はOCTで

黄斑疾患の診断には光干渉断層計(OCT)が必須です。なかには、強度近視網膜分離症のようにOCTが登場してはじめて見つかった病気もあります。

理事長の板谷は、現在普及しているOCTの開発に参加し、OCTを用いた黄斑疾患の診断に関する論文を多数報告してきました。吉村長久京都大学名誉教授との共著「OCTアトラス(医学書院)」はその集大成です。

また、最近では、OCTアンギオグラフィーという先端技術が普及し、副作用のリスクのある造影剤を用いなくても黄斑疾患を診断できるようになってきました。なかには、OCTアンギオグラフィーを用いないと診断できない病気もあり、それにより治療法も変わります(中心性漿液性脈絡網膜症)。はんがい眼科は、OCTを3種類導入し、どの機種もOCTアンギオグラフィーを備えています。おかしいと思ったら、まず検査を。

治療は原因により異なる

治療は上記の3つの分類によりきれいに分かれます。

  • 硝子体が黄斑を引っ張って起きる病気
    硝子体手術で硝子体を取り除き黄斑にかかっている悪い力を解除します。
  • 網膜の血管から血液中の水分が漏れる病気
    抗VEGF薬治療を行います。抗VEGF薬というお薬を目の中である硝子体のなかに注射して黄斑の腫れを引かせる治療。
  • 網膜の土台の故障で血液中の水分が漏れる病気
    これも抗VEGF薬治療で漏れを止めます。
左:強度近視網膜分離症の眼底写真
右:強度近視網膜分離症のOCT画像
(OCTアトラスより)
左:中心性漿液性脈絡膜網症の眼底写真
中:中心性漿液性脈絡膜網症のOCT画像
右:OCTアンギオグラフィー
(焼津こがわ眼科の原田先生のご厚意による)

執筆者

板谷 正紀(理事長)

板谷医師は大学で培ってきた硝子体手術と緑内障手術の技術を用いて、通常症例から難症例まで治療いたします。近視と乱視を矯正し裸眼生活を実現するICL手術や、近視・乱視・老眼を矯正し裸眼生活を実現する多焦点白内障手術の高い技術と深い経験を持っています。患者様の求めを理解して最高の提案と結果を出せるように常に全力で臨んでいます。

■資格

  • 医学博士(京都大学)
  • 日本眼科学会認定眼科専門医
  • PDT認定医(眼科PDT研究会)
  • 屈折矯正手術講習修了医(日本眼科学会指定)
  • オルソケラトロジー講習修了医(日本眼科学会指定)
  • CTR講習会修了(日本眼科学会)
  • 水晶体再建術併用眼内
  • ドレーン挿入術講習会受講(日本眼科学会)
  • ICL認定医(ICL研究会)

■経歴

1990年
京都大学医学部卒業
1996年
京都大学医学部附属病院助手
1997年
米国USCドヘニー眼研究所留学~Visiting Assistant Professor
2000年
神戸市立中央市民病院眼科副医長
2003年
京都大学医学部附属病院眼科助手
2005年
京都大学大学院医学研究科感覚運動系外科学講座眼科学講師
2009年
京都大学医学部附属病院眼科特定准教授
2013年
久留米大学医学部眼科学講座准教授
埼玉医科大医学部眼科教授
2017年
埼玉医科大学客員教授
はんがい眼科院長
2019年
医療法人クラルス理事長
2020年
板谷アイクリニック銀座院長