遠くも、近くも、中間も。 遠くも、近くも、中間も。

自分に合ったベストな眼で、イキイキとした暮らしを。 自分に合ったベストな眼で、イキイキとした暮らしを。

医療法人クラルス(はんがい眼科)の多焦点眼内レンズを用いた
「白内障手術+屈折矯正手術+老眼治療」

多焦点眼内レンズ,白内障手術ガイダンスシステム,レーザー白内障手術システム,ORAシステム
  • 自分に合った見え方を選べる

    多焦点眼内レンズ

  • 一人ひとりの目を徹底的に測定する

    白内障手術
    ガイダンスシステム

  • メスを使わず正確性と安全性を追求

    レーザー白内障
    手術システム

  • 手術中に度数と乱視の確認できる

    術中波面収差解析装置
    ORAシステム

     

当法人で多焦点白内障手術が申し込みできるクリニック

医療法人クラルスの多焦点眼内レンズの性能
を引き出す正確性を重視した手術

医療法人クラルスでは、レーザー白内障手術システムLenSx(レンズエックス)を導入して多焦点眼内レンズ(老視矯正用眼内レンズ)を用いた白内障手術の経験を積んできました。より良い多焦点眼内レンズを求めて最新のレンズを吟味の上導入し、豊富な選択肢を実現しています。

眼内レンズの度数ズレリスクを最小化するため術中波面収差解析装置ORAシステムを導入しました。豊富な多焦点眼内レンズの種類と高性能な白内障手術機器類を駆使して、お一人お一人にマッチした満足度の高い多焦点白内障手術を追求しています。ここでは、開設して3年でたどり着いた当院の多焦点白内障手術についてご説明いたします。

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術とは

最適な見え方を追求した
医療法人クラルス(はんがい眼科)の多焦点眼内レンズを用いた白内障手術

白内障手術は、単に「水晶体の濁りを取り矯正視力を回復する」手術から、 「最適な眼内レンズを選び快適な“見え方”を手に入れる」
手術へと進化しました。選択する眼内レンズの機能により術後の見え方は変わります。近年の技術革新により老眼や乱視が治る「眼内レンズ」が登場してきました。老眼治療の眼内レンズは「多焦点眼内レンズ」と呼ばれ、さまざまな種類があります。優れた多焦点眼内レンズは、遠くから手元まで落ち込み無く明瞭に見えます。
しかし、機能が高い眼内レンズほど、入れた後のレンズの傾きやセンターずれに弱いのです。
乱視を矯正できる「トーリック眼内レンズ」では軸ずれが問題になります。
医療法人クラルス(はんがい眼科)の多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は、術後の最適な見え方を実現するために、一人ひとりに最適な眼内レンズを選ぶ白内障手術ガイダンスシステムとレーザー白内障手術システムの連携により選んだ眼内レンズを計画した位置に正確に固定して眼内レンズのポテンシャルを最大限に引き出す手術です。

  • 一人ひとりに最適な眼内レンズを選ぶ

  • 白内障手術ガイダンスシステムと
    レーザー白内障手術システムの連携により
    選んだ眼内レンズを計画した位置に正確に固定

  • 眼内レンズのポテンシャルを最大限に引き出す

  • 患者様にとって最適な見え方を追求

手術技術の錬磨 + レーザー手術の正確性

レーザー白内障手術システムは、コンピューター制御されています。
我々は手術技術の錬磨に日々努力を重ねていますが、術者の手がコンピューター制御の正確さには及ばないことは認めざるを得ません。
例えば、水晶体の袋を丸く切る「前嚢切開」という手術操作は、術者の手では正円に切ることはできませんし、中心から少しずれたり、想定した直径からはずれたりすることはやむをえません。
レーザー白内障手術では、 水晶体のど真ん中に、あらかじめ決めたとおりの直径でコンパスで描いたような正円に前嚢を切ることができるのです。

当院では、白内障手術の手術技術錬磨に心血を注ぐことと同時に、白内障手術を支える手術機器システムを常に新しく更新することも重要視しています。より快適な術後の“見え方”を追求して今後のお暮らしを豊かなものにしていただくお手伝いをしたいからです。

見え方を選べる多焦点眼内レンズ

白内障とともに老眼も治療できる多焦点眼内レンズは種類がいろいろありますが、遠くも手元も、そして意外に大事な中間距離も鮮明に見える多焦点眼内レンズを3焦点眼内レンズ(トリフォーカル眼内レンズ;Torifocal IOL)と言います。
2011年に初めて世に出たレンズですが、現在では何種類か存在し多くはヨーロッパ生まれです。満足度の高い多焦点眼内レンズであるためヨーロッパでは多焦点眼内レンズの主流になっています。しかし、残念ながら国内承認手続きが取られないため自由診療になります。当院では4種類の3焦点眼内レンズを選び提供しています。

トリフォーカル
多焦点(老視矯正)
眼内レンズ
トリフォーカルトーリック
多焦点(老視矯正)
眼内レンズ(乱視矯正)

最適な手術のための白内障手術ガイダンスシステム

当院では、米国アルコン社の白内障手術ガイダンスシステム Verion(ベリオン)を用いています。患者さんごとの目のかたちを正確に把握して、お一人お一人に最適な治療を提供します。従来の目分量の手術から術前の画像データに基づいた術中ガイダンスにより正確な手術を提供します。

メスを使わないレーザー白内障手術システム

当院では、米国アルコン社のレーザー白内障手術システム LenSx(レンズエックス)を導入しました。白内障手術工程のなかで正確性を求められるパート、目に負担をかけるパートをコンピューター制御によるフェムトセカンドレーザーにより高精度に行うことができます。当院のシステムは白内障手術ガイダンスシステムとデジタル連携していますので正確性が向上します。

術中収差測定による度数と乱視の確認できるORAシステム

当院では、米国アルコン社の術中診断ツール ORA™Systemを導入しました。執刀医は、術中リアルタイムで目全体の屈折情報が把握できるため、術前に予測したより最適なIOL度数およびトーリックIOLの固定位置が選択でき、見え方に対する患者満足度をさらに高めることが期待できます。

手術の流れ

レーザーによる自動工程と手術顕微鏡による手動工程の2つのパートに分かれます。

レーザーによる自動工程

  • 1

    眼球を固定します 専用の使い捨て固定器具で目が動かないように固定します。

  • 2

    3次元光干渉断層計(3D OCT)で目をスキャン 仰向きになった手術を行う姿勢での目の構造を瞬時に把握します。
    1万回以上の高速スキャンで、水晶体の位置情報を正確に取得して、コンピューターが記憶し、そのデータに基づいて治療計画を作成します。正確な治療のための設計図ができます。

  • 3

    レーザー切開のプラニング レーザーによる角膜切開、前嚢切開、水晶体核分割の各プランはOCTの情報に基づいて自動に決定されます。外来において手術ガイダンスシステムVerionで取得した目の情報を用いて位置補正が行われます。 術者は、コンピューターが作成したプランに問題が無いかを専門的知識で確認し、必要があれば修正を行い最終プランを確定します。

  • 4

    レーザー照射 最終プラン通りにレーザー照射が行われます。前嚢切開、核分割、角膜切開の順番に行われます。 照射時間は個人差はあるものの、40秒程度です。痛みもなくただ待つだけです。

手術顕微鏡による手動工程

  • 5

    核の乳化吸引、皮質吸引 ここからは術者の手で行う操作になります。手術用顕微鏡の下に移動しますが、当院は同じ部屋にありますので、ベッドのまま3メートル移動します。まずは、分割した核を乳化吸引します。硬くない核は超音波をかけずに吸引できる場合もあります。

  • 6

    眼内レンズ挿入 これは手で行う標準白内障手術と同じです。

   

当法人で多焦点白内障手術が
申し込みできるクリニック