レーザー白内障手術システム LenSx(レンズエックス)

レーザー白内障手術の登場

白内障手術の進歩は、「術式及び手術機器の進歩」と「眼内レンズの進歩」が車の両輪のように進んで起こってきました。「手術機器の進歩」の最大のものは、米国のケルマン医師による超音波乳化吸引装置の発明によるもので今日の2~3 mmの小切開白内障手術に結実しています。そして次の進歩が、フェムトセカンドレーザーを使用したレーザー白内障手術です。昨今の外科技術はコンピューター制御による侵襲性の低い正確な治療をめざしています。その申し子のような手術と言えましょう。レーザー白内障手術は2008年にヨーロッパで最初の手術が行われ既に50カ国以上の最先端医療機関では導入されています。


レーザー白内障手術システム
LenSx(レンズエックス)

レーザー白内障手術でできること

1. 正確性が求められる前嚢切開を設計どおり正確に

前嚢切開の位置や大きさは眼内レンズをしっかり包み込んで正確な位置に固定するために大切です。レーザー手術は、手では決してできない設計通りの正確な前嚢切開を可能とします。その条件とは、

  • ・水晶体の袋の中心
  • ・決められた直径(例えば直径5mm)
  • ・正円

手技とレーザーによる切開の比較

コンパスで描いたような正円にて、決めたとおりの大きさでど真ん中に切開できる

いくら熟練した術者が行っても、常に同じ位置に同じ形で切開することは困難

2. 核をあらかじめ細分割し目のリスクを減らす

標準的な白内障術式である超音波乳化吸引術は破壊力があり、短時間で水晶体の硬い核を破砕して吸引できますが、熟練した技術が無いと水晶体の袋に負担をかけたり、角膜内皮細胞を減らしてしまうリスクがあります。水晶体の袋が破れると多焦点眼内レンズは使えなくなります。水晶体を支える線維であるチン小帯が伸びたり切れたりすると眼内レンズの位置が中心からはずれやすくなります。レーザー白内障手術は、目の中に入る前に水晶体核を賽の目のように細かく分割しますので、超音波をかける時間やパワーが約半分に減ることがわかっています。初期の白内障なら超音波をかけずに行うことも可能です。水晶体の袋と角膜内皮に優しい手術が可能となります。

3. 手ではできない自己閉鎖創を設計通りに作成

従来の白内障手術は、メスで目に切開を入れて行います。手を用い目分量で行う手技です。一方、レーザー白内障手術では、あらかじめ設計されたとおりの切開を自動で行います。切開創の位置、大きさ、深さが常に設計通りに再現性よく行えます。縫わなくても漏れない自己閉鎖創のデザインは、マニュアル手術では不可能な工夫が可能です。

レーザー白内障手術

  • ◇3つの手技をレーザーで行う
  • ◇前嚢切開は極めて正確(中心・正円)
  • ◇核破砕はローリスクで
  • ◇角膜切開創は設計通り

従来の標準的白内障手術

  • ◇すべて術者の手で行う
  • ◇前嚢切開は再現性低い
  • ◇核破砕はリスクあり要熟練
  • ◇切開創は目分量

レーザー白内障手術のもたらす効果

1. 多焦点眼内レンズの性能を最大限引き出せる

多焦点眼内レンズの性能を最大限引き出すには、レンズを真ん中に傾かずに固定できることが求められます。正確な前嚢切開と水晶体の袋に負担をかけないことが、この適切なレンズ固定を助けます。

2. 乱視の治療に効果がある

白内障手術における乱視の治療には、

  • ・トーリック眼内レンズの使用
  • ・レーザーによるタッチアップ

の2つの方法があり、組み合わせることも可能です。どちらも乱視の軸を正確に求め、その軸に対して正確に手術操作を行うことが求められます。LenSxによるレーザー白内障手術は、白内障手術ガイダンスシステムVerionと連携して、術前に行った目の測定結果を正確に手術中の目に投影してトーリック眼内レンズの正確な固定と設計通りのレーザー切開を可能にします。

3. 目への負担を減らせる

フェムトセカンドレーザーは、目に対して押したり引いたりといった機械的な力をかけることなく切開ができますので水晶体の袋や支えている線維であるチン小帯への負担が少ない手術です。超音波による目への負担も減ります。

レーザー白内障手術機器に詰め込まれた最新技術<参考情報>

レーザー白内障手術機器には次の3つの技術が結集しています。

  • ・フェムトセカンドレーザー
  • ・3次元光干渉断層計(3D Image-Guided systemを支える技術)
  • ・コンピューター制御

1. フェムトセカンドレーザーとは

フェムトセカンドレーザーとは、1000兆分の1秒単位で照射される超高速な特殊なレーザーです。ミクロン単位の精度で切開が可能となり熱もほとんど出ません。このため血の出ない眼科の外科的切開に適したレーザーなのです。しかも、コンピューター制御できますので、計画したとおりの切開を正確に行うことが可能です。

2. 3次元光干渉断層計とは?

光干渉断層計とは、光の干渉現象を利用して生体の断層像を取得するイメージング技術です。この技術がフーリエドメインへ進化して超高速になり目の3次元構造を瞬時に描出できるようになりこました。すなわち、コンピューター制御されたレーザーによる切開を設計したとおりに行うための地図となる3次元画像を撮ることができるのです。

3. コンピューター制御がもたらすメリット

手ではなくレーザーで切開することは、コンピューター制御が可能になるということです。ご存じのようにコンピューターはプログラムしたとおりに正確に作業を行うことができます(高い正確性)。いつも同じ操作が可能です(高い再現性)。このコンピューターの特質が最も生かされるのは、多焦点眼内レンズの正確な固定に寄与する計画通りの前嚢切開と乱視矯正に有用な角膜切開や角膜弧状切開なのです。

【自由診療について】

  • 治療内容
    多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術
  • 期間の目安
    1~2週間
  • 標準的な費用
    トリフォーカル眼内レンズ 60万円
    トリフォーカル+トーリック眼内レンズ 65万円
    ミニウェル眼内レンズ 60万円
    ミニウェル+トーリック眼内レンズ 65万円
    トリノーバ眼内レンズ 60万円
    トリノーバ+トーリック眼内レンズ 65万円
  • 主なリスク・副作用
    選択された眼内レンズの種類によりハローグレア現象があります。