多焦点眼内レンズ

眼内レンズの魅力

白内障手術は「濁った水晶体の中身を除去する」と「代わりになる眼内レンズを入れる」を行う手術です。現在、この眼内レンズが多様に進化して目の問題を解決して素敵な見え方を実現する力を持つにいたりました。眼内レンズで解決できる目の問題とは、近視/遠視、乱視、そして老眼です。ここでは、眼内レンズの種類をお伝えしてご自分に合った眼内レンズにどんなものがあるか理解を深めていただければと思います。

日々の生活で「ものを見る」こととは?

眼内レンズを選ぶ上で知っておいていただきたいのは、生活上見えるものの距離には大きく3つあることです。遠方、中間距離、手元の3つですが、この3つは全く別世界なのです。人の目は偉大です。若い頃は、この別世界の3つの距離のどこにもピントを合わせる柔軟な調節力があったのです。しかし、中高年になるとそうはいきません。3つのうち1つにしかピントが合わなくなっていき老眼鏡や遠近両用メガネが手放せなくなるのです。「メガネをかければなんとかなる?」と思い込みがちですが、実は生活には「遠くと手元」「遠くと中間距離」「中間距離と手元」がほとんど同時に見えないと困ることがあるのです。例えば、ゴルフやテニスや卓球などの球技スポーツ、カメラや風景画などの趣味、講習会、車の運転、空港や駅、挙げたらきりがありません。人は調節力を失うと、「年だから---」と思って、こういったことをあきらめてゆくのです。No! あきらめてはいけません。あなたの好きなことをずっと続けられるために眼内レンズは進歩してきました。多焦点眼内レンズと乱視矯正用トーリックレンズです。

ご自分のライフスタイルに合った眼内レンズをお選びください。
仕事の内容、家事、車の運転、趣味、スポーツなどです。
まず、生活でものを見る距離のイメージをお持ちください。

生活でものを見る距離のイメージ

3m以上 例)運転、テレビ・映画鑑賞、スポーツ、散歩
50cm~1m 例)パソコン、食事、料理、お化粧、談笑、掲示板、カーナビ、ジム、美術館、楽器演奏
30cm~40cm 例)読書、スマホ、書き物、お裁縫、編み物
例)運転+カーナビ、買い物、駅、旅行・観光、テニス、ゲートボール、孫の世話、カラオケ
例)風景写真撮影、風景画、授業、カルチャースクール
例)書類を見ながらのPC作業、向かい合っての食事、書類を見ながらの体面作業
例)ゴルフ、空港、披露宴などの宴会・会食、役所の手続き、銀行

とはいえ、多焦点眼内レンズは、贅沢品扱いで高価なのが現状です。
本当にあなたに必要なコスパの良い眼内レンズを選びましょう。

眼内レンズの種類と特徴

種類 名称 ピントの合う距離 メガネなしでの得意不得意















+














単焦点
遠方
×

単焦点
手元
  ×

2焦点
回折型
テクニスマルチ
Tecnis Multifocal
 
回折型
EDOF
シンフォニー
Tecnis Symfony
 
2焦点
回折型
レストア
LeSTOR
種類 名称 ピントの合う距離 メガネなしでの得意不得意















+














2焦点
アポダイズド
回折型
アクティブフォーカス
ActiveFocus


3焦点
回折型
非球面
パンオプティクス
PanOptix
2焦点
分節
屈折型
レンティス
Lentis


3焦点
アポダイズド
回折型
ファインビジョン
FineVision
3焦点
屈折型
レイワン
RayOne Trifocal
累進焦点
EDOF型
ミニウェル
MiniWell


3焦点
シヌソイダル
EDOF
トリノーバ
Active Trinova




|

各眼内レンズについての詳細は
白内障手術WEBをご確認ください