レーザー白内障手術のメリット・デメリット

レーザー白内障手術のメリット

  • 1.計画通りの正確な切開ができる
  • 2.合併症が起こりにくい
  • 3.目の負担が減る

以上の3つに集約されます。これらは特により正確な手術が要求されるプレミアム眼内レンズ(高機能眼内レンズ)で威力を発揮します。近年、乱視矯正機能のついたトーリックレンズ、遠近にピントの合う二焦点眼内レンズに加え、遠中近にピントの合うトリフォーカル(三焦点)眼内レンズや遠くから近くまで連続して焦点が合う焦点深度拡張型眼内レンズなどの機能性の高い眼内レンズが使用可能となっています。これら付加価値のついたレンズを総称してプレミアム眼内レンズと言います。プレミアム眼内レンズの使用において求められるのは、正確性と合併症が起きないことなのです。
プレミアム眼内レンズの機能は、眼内レンズを水晶体嚢内に正確に固定することによってフルに発揮可能です。そのために、レンズに合った大きさの前嚢切開(CCC) を水晶体の中心に正確に作成する必要があります。
また、プレミアム眼内レンズの見え方を高めるためには、乱視をできるだけ減らすことも重要です。当院では、手術ガイドシステムであるVERIONシステムとレーザー白内障手術マシンであるLenSxをコラボレーションさせることにより、乱視矯正に強いレーザー白内障手術を提供します。

患者さんの目とライフスタイルに合ったプレミアム眼内レンズをレーザー白内障手術で行う白内障手術は究極のオーダーメード白内障手術といえます。
以下に詳しく説明していきましょう。

1.計画通りの正確な切開ができる

レーザー白内障手術では、3次元OCTで角膜と水晶体の厚みや位置など目のかたちを術中に測定して、各患者さんの眼に合った精密な手術計画を立て、術者はそれをモニター画面上で確認しながら手術を行います。変更したい場合は各手術過程をカスタマイズすることができます。 通常の白内障手術では目に切開を入れて目の中に器具を入れて前嚢切開を行いますが、それだけでも眼圧が変化し、前房の深さが変わり、水流が生じて水晶体の位置は普段とは変わります。レーザー白内障手術は、目の中に入らずに前嚢切開や核分割を行うため、普段のままの位置にある水晶体に操作できます。この点もレーザー白内障手術の正確性に寄与しています。

①水晶体の中心に計画した直径の正円の前嚢切開ができる
水晶体は回転体とよばれる対称なかたちをしており、その中に眼内レンズを真ん中にまっすぐ静置するために、できるだけ水晶体の真ん中に計画した大きさで丸い前嚢切開をした方がベターです。術後に水晶体の袋が収縮することを考慮しても真ん中に丸い前嚢切開をすることは大切であり、術者が心がけていることの1つです。しかし、術者の目をもってしても術中に目の中心はわかりませんし、人の手では正円に切ることは難しいのです。レーザー白内障手術は3次元OCTで目のかたちを把握して中心を決め、コンピューター制御で前嚢を正円に切ります。
②計画通りのデザインで角膜切開ができる
あらかじめ時計の何時方向と決めた位置に計画した大きさの角膜切開を行うことができます。手術のメイン創口である角膜切開は乱視に影響を与えますので、各目の乱視の状態に応じて切開位置を決め乱視を軽減することができます。さらには、レーザー白内障手術機器は、角膜に切開を入れて乱視を矯正することも可能です。(角膜輪部減張切開術)

2.合併症が起こりにくい

白内障手術で最も多い合併症が、水晶体の袋(水晶体嚢)が破れることです。破嚢といいます。破嚢すると目の奧の硝子体が脱出してきますので、安全に硝子体を切除して眼底の病気が起きないようにする必要が出ます。それだけではなく、眼内レンズをふくろの中に固定できなくなり多焦点眼内レンズを使用できなくなります。もちろん熟練した白内障術者であれば破嚢のリスクは低いのですが、レーザー白内障手術では水晶体をあらかじめ吸引しやすいように分割切開するため安全に吸引除去できます。

3.目の負担が減る

白内障手術では、水晶体を支えている線維(チン小帯)と角膜に負担がかかります。熟練した術者ほど、その負担が少なくて済むのですが、レーザー白内障手術はどちらの負担も最小化できます。まず、チン小帯のダメージは水晶体の袋の位置を偏位させるリスクがあります。このため袋の中に固定する眼内レンズが中心からずれて偏位してしまったり、傾いてしまったりします。多焦点眼内レンズなど高機能眼内レンズほど中心に傾かずに固定する必要性があり、影響が大きいのです。チン小帯に負担をかける手術操作は先述した「前嚢切開」と「核分割」です。レーザー白内障は、この2つの操作をチン小帯に負担をかけることなく行うことができるのです。特に、チン小帯が弱いハイリスク白内障では絶大な効果を発揮します。

次に角膜内皮細胞は角膜を透明に保つ働きをしていますが、白内障手術により減少します。2500~3000個/m㎡が健常眼の角膜内皮細胞数ですが、500m㎡を下回りますと角膜が腫れて濁る水疱性角膜症になり角膜移植が必要になります。白内障手術で角膜内皮細胞が減る原因は、長い超音波時間や大きな水晶体核の破片が角膜内皮に当たることなどが挙げられます。レーザー白内障手術は、水晶体核をレーザーで細分化しますので、超音波時間を短縮でき、大きな核片が舞って角膜内皮に当たる心配もありません。特に、核が硬く超音波時間が長くなる症例や角膜と水晶体の間のスペース(前房)が狭いハイリスク白内障では意義が高いといえます。レーザー白内障手術はチン小帯と角膜内皮に優しい手術なのです。

レーザー白内障手術のデメリット

1.手術時間が増える

一般に、レーザー白内障手術は、別室でフェムトセカンドレーザーを用いて治療操作を行った後、手術室に移動して手術顕微鏡下で水晶体の吸引除去と眼内レンズ挿入を行います。また、フェムトセカンドレーザーによる治療は精密であるからこそ、術前のセッティングに多少時間がかかります。当院では、開院時より大きな手術室を設計しておりますので、フェムトセカンドレーザー機器を手術顕微鏡と同じ手術室に設置しております。患者さんは、ベッドに寝たままで3m移動するだけです。

2.白目の出血が増える

レーザー白内障手術で精密な操作を行うために眼球が動かないように眼球を吸い付けて陰圧をかけて固定します。この吸い付ける圧により白目が出血します。しかし、白目の出血は、目に悪影響はまったくありません。見た目だけの問題です。

3.自費負担が増える

レーザー白内障手術は保険収載されておりませんので、保険でカバーされず自費負担が増えます。

多焦点白内障手術
無料個別相談会
開催
詳細はこちら