048-681-0101

受付 8:30〜12:00 14:30〜18:00

ネット予約

手術案内

豊富な執刀経験のある医師が、最新の治療機器を駆使して、的確な手術を行います。正確な手術を行うためには、ひとりひとりの眼と身体を丁寧に検査し、現状を十分に把握することが必要です。
同じ白内障でも、「前立腺のお薬を飲んでいるかどうか?」「眼の中の水分(房水)の出口である隅角が狭いかどうか?」などひとりひとり手術のリスクが違います。最新のテクノロジーを用いた診断機器で正確な診断を行い、リスクに備えた準備をして、手術に臨まなければいけません。すべては患者さんの人生を失明から守る。そのために全力で治療に当たります。

当院で行っている手術

  • 緑内障手術りょくないしょうしゅじゅつ

    緑内障の外科的治療にはレーザー治療と緑内障手術の2つがあります。

  • 白内障手術はくないしょうしゅじゅつ

    白内障手術は見る力が甦るとともに、屈折を選び直せることにより、新しいライフスタイルが始まるチャンスです。従来の単焦点眼レンズだけでなく複数の焦点を合わせられる「多焦点眼内レンズ」に期待が高まっています。

  • 硝子体手術しょうしたいしゅじゅつ

    硝子体手術は、網膜剥離や黄斑円孔のような硝子体の病気や、網膜血管の病気に対し有効で、「黄斑前膜手術」や「黄斑円孔手術」「増殖糖尿病手術」などを用いて、さまざまな目の奧(眼底)の病気を治す手術の総称です。

  • 網膜剥離手術もうまくはくりしゅじゅつ

    網膜剥離には当日緊急対応いたします。網膜剥離の手術は大きく分けて硝子体手術と強膜内陥術(輪状締結術含む)があります。

  • 硝子体手術+緑内障手術しょうしたいしゅじゅつ+りょくないしょうしゅじゅつ

    時に、硝子体手術と緑内障手術を同時に行うことで網膜と視神経乳頭をともに守ることができます。

当院で行っている外科的薬物療法

  • 抗VEGF薬治療こうぶいいーじーえふやくちりょう

    加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)は、網膜の中心部に異常がおきるため、視力がしだいに低下してしまう病気で、抗VEGF阻害剤(抗血管新生薬)の注射薬による治療が可能になりました。

当院で導入している新しい手術技術

  • レーザー白内障手術れーざーはくないしょうしゅじゅつ

    レーザー白内障手術とは、白内障手術のデリケートな3つのパートをコンピューター制御されたフェムトセカンドレーザーに行わせることで計画通りの正確な操作を実現し、多焦点眼内レンズや乱視矯正用トーリック眼内レンズの機能を最大限発揮させるための新しい手術です。

  • 3Dデジタル手術スリーディーデジタルしゅじゅつ

    手術顕微鏡の映像を3Dモニターシステムで観察しながら行う新しい観察計を用いた手術方法を取り入れています。

  • 多焦点眼内レンズを用いた白内障手術たしょうてんがんないれんずをもちいたはくないしょうしゅじゅつ

    多焦点眼内レンズは、遠くから近くまでピントが合う眼内レンズのことです。これを用いた白内障手術により不便な老眼を治療することができます。先進医療対象になっている多焦点眼内レンズと自由診療として使用できる多焦点眼内レンズがあります。

  • 眼内コンタクトレンズ(ICL)がんないコンタクトレンズ(アイシーエル)

    眼内コンタクトレンズは、目の中にインプラントするコンタクトレンズのことです。ICL(インプランタブルコンタクトレンズ)、有水晶体眼内レンズ、あるいはフェイキックIOLと呼ばれることもあります。
    レーシックのように角膜を削ることはありませんので、レンズを取り外せば元の目に戻せる安心感のある治療法です。

手術実績

2017年 (開院5月)~2019年10月 実績

手術内容 手術件数 手術内容 手術件数
白内障手術 2,780件
うち多焦点 603件 レーザー白内障手術 169件)
緑内障手術 408件
硝子体手術 しょうしたいしゅじゅつ 783件 網膜剥離手術 もうまくはくりしゅじゅつ 100件
外眼部手術 611件 涙道手術 るいどうしゅじゅつ 266件
抗VEGF薬治療 928件
合計 5,876件

開院後5月より手術を開始し、大勢の患者さんに手術を執刀させていただきました。
ご紹介いただいた先生方、ならびに関係各所には厚くお礼を申し上げます。

手術の流れ

当院で手術を行う場合、原則として、手術決定日を含めて2回来院が必要となります。

  1. 1

    第1回目(手術決定)

    医師が症状を伺った後に診察を行います。視力検査や眼底検査など詳細な検査を行い、正確な診断に基づく手術適応を検討します。医師が手術の必要があると判断しましたら、その説明をさせていただきます。手術を希望されますと、ご都合を伺いながら手術までのスケジュールを決めます。手術決定後、手術までの流れや必要な検査・処置が説明されます。採血と心電図を行い、全身状態をチェックします。医師が必要と判断した場合は、かかりつけ医に診療情報提供書をお送りし連携します。

    ※ 白内障の患者さんは、「白内障手術説明会」、さらに多焦点眼内レンズを使用した手術をご希望される方は「多焦点眼内レンズ説明会」にご参加ください。

  2. 2

    第2回目(術前検査・診察)…およそ3週間前

    角膜形状検査、光学的眼軸長測定、角膜内皮細胞撮影など、手術のために必要な検査を行います。手術説明を行います。ご家族の方も是非御一緒に来院ください。白内障手術の場合は、患者さんのライフスタイルとご希望を伺った上でお一人お一人に適した眼内レンズの選択を行います。看護師より術前術後の生活や点眼薬について説明させていただきます。同意書を提出したり、手術前の点眼薬を受け取ったりして、手術に備えます。

  3. 3

    手術当日

    手術1~2時間前に来院いただき、術前の準備を行います。

    • 点眼による瞳孔管理:白内障手術と硝子体手術は散瞳、緑内障手術は縮瞳します。麻酔薬の点眼も行います。
    • 目の周囲の皮膚洗浄:目の周囲の皮膚をカリ石ケンで洗い清潔にします。
    • 血圧チェック:血圧測定を行い、血圧が高い場合は血圧を下げるお薬を使用します。

    手術が終了したら、帰ってからの注意点などが説明されます。

  4. 4

    手術翌日

    手術により異なりますが、視力検査、眼圧検査、眼底検査など必要な検査の後に医師の診察があります。ここで問題なければ、間隔を空けながら経過を観察します。かかりつけ眼科での経過観察を受けていただく場合は、紹介状をお渡しします。

「白内障手術説明会」のご案内

はんがい眼科では、白内障手術をお受けになる患者さんのために、隔週の土曜日12時より当院3階ミーティングルームで、白内障手術に関する説明会を開催しています。ご家族と一緒に参加いただくことをお勧めしています。白内障手術を安全に行うために手術と術後の生活についての理解を深めましょう。

「多焦点眼内レンズ説明会」のご案内

原稿の御支給をお願いいたします。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

高額療養費制度について

高額療養費制度 こうがくりょうようひせいど とは、公的医療保険における制度の一つで、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。高額療養費では、年齢や所得に応じて、ご本人が支払う医療費の上限が定められており、またいくつかの条件を満たすことにより、さらに負担を軽減する仕組みも設けられています。
詳しくは、厚生労働省のHPをご覧下さい。

  • 高額療養費の還付については、1ヶ月分ごとの支払額の合計が対象になります。
  • 高額医療費制度のため、両眼の手術は、同一月内に手術を受ける方が還付が増えることがあります。
  • 生命保険による手術給付金特約および先進医療特約がある方は、給付金を受けることができる場合があります。詳しくは、ご契約されている生命保険会社にお問い合わせください。

先進医療について

はんがい眼科は、平成29年10月1日より厚労省が定める先進医療「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の認定施設として認められました。

一般の保険診療で認められている医療の水準を超えた最新の先進技術として、厚生労働省が認定する医療機関のみが実施できる医療技術で、保険診療との併用が認められています。すなわち、先進医療にかかる費用として、手術や眼内レンズ費用は全額患者さんの自己負担となりますが、それ以外の手術当日の薬代および手術前後の診察・検査・薬代の費用は保険診療で行えるようになります。これにより、自由診療に比べて患者さんの経済的負担を軽減して厚労省認定の多焦点レンズを選択することが可能です。

詳しくは、厚生労働省ホームページ「先進医療の概要について」をご覧ください。

また、民間の生命保険による先進医療特約に入っておられる方は、手術や多焦点眼内レンズの費用が給付されますので、ご契約されている生命保険会社にお問い合わせください。

手術の内訳

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術費用(※1) 自己負担
手術前後の診察・検査・薬代(※2) 保険適用
  • ※1 先進医療に係る費用について、民間の医療保険で先進医療特約を付帯していれば、 全額給付される場合があります。加入されている保険会社にあらかじめお問い合わせください。
  • ※2 先進医療に認定されていない眼科施設では、全額自己負担となります。