048-681-0101

受付 8:30〜12:00 14:30〜18:00

ネット予約

白内障手術

白内障手術は見る力が甦るとともに、屈折を選び直せる(例えば、強度近視の方が眼鏡無しで遠くが見えるようになる)ことにより、新しいライフスタイルが始まるチャンスです。このチャンスを生かすには適切な手続きで手術を進めていくことが不可欠です。安全な白内障手術とは、水晶体を包む薄い袋(水晶体嚢)が破れずに手術が完了することです。 また、万が一水晶体嚢が破れても眼底に問題が出ないように処理し、眼内レンズをきれいに固定する手術技術が必要です。例えば、稀ですが水晶体の中身が目の奥(硝子体腔)に落下することがあります。そのままにすると網膜が病気になりますので、落ちた水晶体の中身を取り出さねばなりません。落ちた水晶体の中身を取り出すには、硝子体手術ができる施設が必要です。当院は硝子体手術に習熟した術者が白内障手術を行いますので、その場で処理できます。

この水晶体嚢が破損するリスクは、ハイリスクの症例で高いと言えます。 ハイリスク白内障とは、水晶体を支える線維がぐらぐらに弛んでいる症例(チン小帯断裂症例)、角膜と水晶体の間のスペースが狭い症例(浅前房)、緑内障を併発している症例、極度に水晶体が硬くなった症例、急激に進み膨張している症例(膨化白内障)などです。前立腺のお薬を内服している方もハイリスクです。 大切なことは、このリスクを術前に正確に把握し、それに備えた準備を行った上で手術することです。はんがい眼科はハイリスク白内障治療の経験を積んだ医者が多く、確実な治療を目指します。

また、水晶体がぐらぐらで眼内レンズを水晶体の袋で固定できない目もあり、その場合は眼内レンズを特殊な方法(眼内レンズ縫着術または眼内レンズ強膜内固定術)で固定する必要があります。はんがい眼科は、この特殊な眼内レンズ固定も行います。

白内障手術を患者さんにとってハッピーなものにするためには、ひとりひとりのライフスタイルに合わせた眼内レンズを選ばなければいけません。そのためには、扱える眼内レンズの種類が豊富であることと、眼内レンズの知識が深いことが必要です。はんがい眼科は、通常の単焦点レンズから、先進医療対象の眼内レンズ、海外直輸入の多機能レンズまで広い選択肢を提案(詳しくはこちら) しています。
そして、白内障手術で新しいライフスタイルを始められるよう懇切丁寧にサポートします。