はんがい眼科大宮院
板谷アイクリニック銀座

まぶたが垂れてきた

下着のゴムひもが徐々に伸びるように、加齢とともにまぶたを上げる筋肉や皮膚が緩んできて、まぶたが下がる病気です。

筋肉が緩む場合・皮膚が緩む場合

筋肉が緩む場合を「眼瞼下垂」、皮膚が緩む場合を「眼瞼皮膚弛緩」といいます。
どちらかのみというよりは、両方が混ざっている場合が多いです。
まぶたが下がると視界が狭くなりますし、まぶたが下がるのを補うために、無意識におでこの筋肉(前頭筋)を使うために、おでこにシワがよったり、頭痛や肩こりの原因になります。

治療方法は、手術しかありません。
少し時間はかかりますが、レーザーは使用せず、メスを使用した手術の方が必ずきれいに仕上がります。
両目で手術時間は1時間弱です。

考えられる病気