048-681-0101

受付 8:30〜12:00 14:30〜18:00

ネット予約

糸くずのようなものが見える(飛蚊症)

飛蚊症とは

青空や白い壁などを見つめたときに、糸くずのような浮遊物が見えることがあります。これを飛蚊症といいます。虫、ゴマ粒、タバコの煙などとも表現されます。
飛蚊症自体は病気ではありませんが、ごく一部の方に飛蚊症の出現とともに網膜剥離が起きます。つまり、飛蚊症は網膜剥離を早期発見するために重要なサインなのです。
特に、近視が強い人ほど、若い年齢で網膜剥離が起きるリスクは高いので気をつけたいものです。

飛蚊症は、実際に目の前に浮かんでいるものを見ているわけではなく、眼の中身である硝子体にできた濁りを見ているのです。

硝子体は本来、透明なゼリー状の組織ですが、加齢に伴って変化して濁りが生じます。この飛蚊症の原因となる硝子体の濁りは2通りあります。一つは硝子体の中身が加齢による変性により濁りを生じるもので、つぶつぶに見えることが多いです。これは全く問題が無い生理的飛蚊症です。もう一つは、やはり加齢とともに硝子体が変化して網膜から離れるという変化によるものです。この変化を後部硝子体剥離と言いますが、ごく一部の人で離れかけの硝子体が網膜を強く引っ張り孔を開けてしまい網膜剥離が起きます。この場合の飛蚊症は輪っかやひものような形をしていることが多く、パッパッと瞬間的に光が見える光視症を伴うことが多いのです。

後部硝子体剥離は一部の人に眼底の病気を引き起こす

もう少し詳しく後部硝子体剥離を説明させていただきます。なぜなら、後部硝子体剥離が網膜剥離だけでは無く、黄斑円孔黄斑前膜など眼底のさまざまな病気に関係しているからです。

硝子体とは、眼球内の大きな空間を占める透明な組織です。構造としては、コラーゲンでできた線維のなかに、たくさんの水分を含んだヒアルロン酸が充満して透明性を保っています。硝子体は、加齢によりゼリー状から液状に変化して容積が減るため収縮していき、網膜からはがれ、この加齢現象を後部硝子体剥離と呼んでいます。硝子体が網膜から剥がれるとき、中心を引っ張って孔を開ける「黄斑円孔」、周辺部の網膜を引っ張って孔を開ける「網膜裂孔」進むと「網膜剥離」、黄斑に膜が残って起こる「黄斑前膜(黄斑上膜)」などさまざまな眼底の病気を引き起こします。しかし、これらの病気が起こることは稀で、ほとんどは何の問題も起こさず後部硝子体剥離は完成します。50~60歳代で起こることが多く、近視の方はより若い年齢で起こります。

飛蚊症は網膜剥離を発見する手がかり

話を飛蚊症に戻します。後部硝子体剥離が起きたときから始まる飛蚊症は、それ自体全く安全なものですが、一部の方で同時に網膜剥離が起きるため、網膜剥離を早期発見するサインとして重要なのです。一瞬光が走って見える光視症を伴うことがあります。上記したように飛蚊症は硝子体が変性して濁っても起こりますので、「すでに飛蚊症があったが、急に増えてた。輪っかの形をしたものも現れた。」などということもありえるわけです。

網膜剥離から身を守るには

後部硝子体剥離により網膜に孔が開いてすぐに網膜剥離が生じる場合もありますが、多くはしばらく剥離は起こらず孔の状態にとどまっていることがあります。網膜剥離は手術しか治療法はありません。孔にとどまっている間に孔の周りをレーザー光凝固できれば網膜剥離を防ぐことができます。ただし、レーザーした部位が固まらないうちに強い力が働くとレーザー部位を乗り越えて網膜剥離が起きるリスクはあります。

網膜は破れても痛みを感じないため、飛蚊症や光視症が網膜裂孔を早期発見する唯一の手がかりなのです。

網膜剥離になって手術で治すのと、網膜裂孔の段階でレーザー治療で網膜剥離を予防できた場合では、時間と労力と経済的負担は数倍違います。飛蚊症が気になったらすぐに眼科で眼底検査を受けましょう。