048-681-0101

受付 8:30〜12:00 14:30〜18:00

ネット予約

目がゴロゴロする

目がゴロゴロする原因はいくつかあります。
頻度が高いものはドライアイ、結膜弛緩症眼瞼内反症などです。

眼形成外来での治療

眼形成外来で治療が可能なのは、結膜弛緩症および眼瞼内反症です。

結膜弛緩症は白目(結膜)が加齢とともに緩んでくることにより、まばたきをするたびに結膜がこすれてゴロゴロしたりする病気で、涙が出る原因にもなります。
点眼で症状が改善する場合もありますが、根本的に治療するには手術しかありません。
手術時間は片目で約20分、ゆるんだ結膜を一部切除します。

眼瞼内反症とは、加齢とともにまぶたを支えている筋肉や靱帯が緩むことにより、まばたきをするたびにまぶたが内側に向いてしまい、まつ毛が黒目(角膜)に当たることで、目の痛みや、目やになどの不快な症状が出る病気です。
治療方法は手術しかありません。筋肉などの緩みは、「タテ」の緩みと「ヨコ」の緩みに分かれます。
「タテ」の緩みだけ改善させる手術でも90%は治ります。手術時間は約20分です。
「ヨコ」の緩みも強い場合、再発することもありますが、「ヨコ」の緩みを改善させる手術をすれば約98%の確率で治ります。
手術時間は約30分です。他院で手術を受け、再発して困ってらっしゃる患者さんもぜひご相談ください。
適切な手術をすればほとんどの患者さんの術後経過は良好です。

考えられる病気