大宮院
ご予約はこちら

大宮院へのご予約・お問い合わせは
下記よりお願いいたします。

電話予約
WEB予約

目が痛い

目の痛みには目の表面の痛みと目の奥の痛みに大別できます。

目の表面の痛み

「ゴロゴロする」と訴える異物感から、目を開けていられない激痛までさまざまな程度の目の痛みがあります。

多くは目の表面である角膜や結膜(白目)が傷ついて痛みが生じます。
角膜や結膜には敏感な痛覚があるため、痛みを強く感じることがあります。

目の表面が傷つく原因は人によってさまざまです。

角膜の表面の傷は、

物理的なダメージ
ゴミや抜けた睫毛などの異物による傷、コンタクトレンズによる傷、結膜炎によるまぶたの裏側のでこぼこによる傷
化学物質によるダメージ
化学眼外傷と言います。洗剤、有機溶剤、パーマ液などが誤って眼に入ってしまった結果として発生します。
紫外線角膜炎、眼表面を守る涙の障害(ドライアイ)等が挙げられます。

深い傷は、木の枝が目に当たる、鉄片異物などが挙げられます。
いずれにしても一番恐いのは感染です。たとえ最初の傷が浅くても感染すると傷は深くなります。
眼科を受診して目の表面の傷の原因を明らかにして原因を除去するとともに、感染予防に努めることが重要です。

考えられる病気

  • 結膜炎
  • 紫外線角膜炎
  • ドライアイ

目の奥の痛み

目の奥の痛みといいますが、実は網膜や視神経には痛覚がありませんので、眼底の病気で目の痛みが出ることはありません。
目の奥の痛みの原因で緊急性がある病気は、急激な眼圧の上昇を起こす病気です。
急性緑内障発作、増殖糖尿病網膜症や網膜中心静脈閉塞症に続発する血管新生緑内障、ぶどう膜炎に続発する緑内障、などが考えられます。
ポスナーシュロスマン症候群も急激に眼圧が上昇しますが、不思議と目の痛みをあまり感じないことが多いです。
緊急性が高く、早急に薬物的または手術により眼圧を下降させることが必要となります。

考えられる病気

執筆者

板谷 正紀(理事長)

板谷医師は大学で培ってきた硝子体手術と緑内障手術の技術を用いて、通常症例から難症例まで治療いたします。近視と乱視を矯正し裸眼生活を実現するICL手術や、近視・乱視・老眼を矯正し裸眼生活を実現する多焦点白内障手術の高い技術と深い経験を持っています。患者様の求めを理解して最高の提案と結果を出せるように常に全力で臨んでいます。

■資格

  • 医学博士(京都大学)
  • 日本眼科学会認定眼科専門医
  • PDT認定医(眼科PDT研究会)
  • 屈折矯正手術講習修了医(日本眼科学会指定)
  • オルソケラトロジー講習修了医(日本眼科学会指定)
  • CTR講習会修了(日本眼科学会)
  • 水晶体再建術併用眼内
  • ドレーン挿入術講習会受講(日本眼科学会)
  • ICL認定医(ICL研究会)

■経歴

1990年
京都大学医学部卒業
1996年
京都大学医学部附属病院助手
1997年
米国USCドヘニー眼研究所留学~Visiting Assistant Professor
2000年
神戸市立中央市民病院眼科副医長
2003年
京都大学医学部附属病院眼科助手
2005年
京都大学大学院医学研究科感覚運動系外科学講座眼科学講師
2009年
京都大学医学部附属病院眼科特定准教授
2013年
久留米大学医学部眼科学講座准教授
埼玉医科大医学部眼科教授
2017年
埼玉医科大学客員教授
はんがい眼科院長
2019年
医療法人クラルス理事長
2020年
板谷アイクリニック銀座院長