048-681-0101

受付 8:30〜12:00 14:30〜18:00

ネット予約

まぶしく見える(羞明)

まぶしく感じることを羞明(しゅうめい)といいますが、羞明は日差しをまぶしく感じたり、夜間車のヘッドライトをまぶしく感じたりといろいろです。
羞明の原因は、さまざまですが、眼の病気が潜んでいることが多く、原因を明らかにしておくべきでしょう。
頻度の高いものを中心に整理してみましょう。

眼に入る光が散乱してまぶしく感じる

角膜や水晶体の濁りが、眼に入ってくる光を反射して散乱させるとまぶしく感じます。
最も知られているのが白内障です。
眼の表面が乾くドライアイでも、ひどくなると角膜上皮の傷(びらん)によりまぶしく感じます。
重症なアレルギー性結膜炎やウイルス性結膜炎でも角膜上皮が傷つきまぶしく感じます。
虹彩炎や眼内炎では、眼の中の水分(房水)が濁り、まぶしく感じます。

考えられる病気

眼に入る光が多くてまぶしく感じる

なんらかの原因で瞳孔散大(瞳孔が縮まないこと)をきたすと眼に中に入る光を絞ることができなくなります。
生まれつきの無虹彩症または怪我などで無虹彩になった眼は、同様に眼内に入る光を絞ることが出来ないため羞明を感じます。

考えられる病気

  • 瞳孔散大
  • 無虹彩症

網膜や視神経の機能障害による羞明

網膜や視神経の病気では、光を受け取る視細胞や視覚シグナルを脳へ伝える神経節細胞の軸索が減少し、通常眼の中に入ってくる光を過剰と感じ羞明を覚えるようです。 角膜、水晶体などの前眼部に異常が無いのに、羞明を感じる場合は、眼底の精査が必要です。

考えられる病気