048-681-0101

受付 8:30〜12:00 14:30〜18:00

ネット予約

生まれつきまぶたが下がっている(小児)

生まれつきまぶたが下がっているのは「先天性眼瞼下垂」が考えられます。

眼形成外来での治療

もともとまぶたを上げる筋肉が弱く、うまく上げることができない病気です。
目を開けていても瞳孔が見えないほど下がっている場合は、弱視(視力が未発達になること)になることがあり、1歳未満の乳児期でも手術を検討します。
瞳孔が見える場合は、整容的(見た目)に気になる場合、視界が狭い場合に手術を検討します。
通常の眼瞼下垂の手術では対応できない場合がほとんどです。
その為、まぶたを上げる筋肉には頼らずに、特殊なシート(ゴアテックス)を使って瞼板とおでこの筋肉(前頭筋)をつなぎ、前頭筋の力でまぶたを上げます。
形成外科では股の筋膜(大腿筋膜)を使っている施設が多いですが、筋膜は術後縮むことから、まぶたの上がり具合を微妙に調整することが難しいです。それゆえ当院ではゴアテックスでの治療をおすすめいたします。

考えられる病気