048-681-0101

受付 8:30〜12:00 14:30〜18:00

ネット予約

中心が見えない

中心暗点といいます。網膜の中心である黄斑の中心を中心窩と言います。
さまざまな原因で中心窩が痛むと中心暗点が現れます。

疾患により手術だったり、お薬だったり治療法が全く異なります。
まずは、正確に原因疾患を診断し、適切な治療法を選ぶことが何よりも重要です。

眼底写真における黄斑
光干渉断層計における正常な黄斑 正常な黄斑は中央にきれいなくぼみを形成する
  • 01黄斑円孔

    網膜に張り付いている硝子体の膜が加齢に伴って黄斑から離れるときに黄斑の中心部分(中心窩といいます)に孔が開く病気です。孔が開くと中心部分が見えなくなります。高齢者に好発し、女性に約3倍(※)多く発症します。治療は硝子体手術になります。詳細はコチラ

    ※ McCannel CA, Ensminger JL, Diehl NN, Hodge DN. Population-based incidence of macular holes. Ophthalmology. 2009 Jul;116(7):1366-9.

  • 02加齢黄斑変性

    高齢者に起きる病気で、日本でも増加しており、失明原因の4位(※)になってきました。網膜の土台が加齢や喫煙により痛み、土台の血管である脈絡膜から新生血管が生えてきます(脈絡膜新生血管といいます)。脈絡膜新生血管から水漏れしたり、出血を起こしたりします。治療の第一選択は抗VEGF抗体薬の硝子体注射により水漏れを止める治療になります。詳細はコチラ

    日本眼科学会より

考えられる病気