大宮院
ご予約はこちら

大宮院へのご予約・お問い合わせは
下記よりお願いいたします。

電話予約
WEB予約

涙と目やにがずっと止まらない(小児)

 

涙の流れは台所のシンクと同じで、水(涙)が作られるところ(涙腺)と水(涙)が出ていくところ(涙道)があります。

眼形成外来での治療

小児の「涙が止まらない」「涙があふれて困る」原因はいくつかありますが、眼形成外来で治療できるのは

です。

通常は、生まれたときには涙道が開通していますが、ある一定の確率で涙道の出口(鼻涙管開口部)が開通されないことがあり、涙と目やにが止まらない「先天性鼻涙管閉塞」の状態で生まれてくることがあります。

以前は金属の棒を涙道に盲目的に差し入れて、閉塞部分を開放する(ブジー)こともありましたが、生後1年で90%、生後1年半で96%が自然に開通するため(※)、ブジーはあまり行われなくなりました。

※MacEwen CJ, et al:Eye(Lond). 1991;5(Pt 5):596-600.

自然に開通するまでは、目やにがひどい時だけ抗生剤の点眼をすればよく、毎日点眼をする必要はありません。

そうはいっても親御さんが不安になる気持ちは痛いほどよくわかります。

当院では自然に開通するまで1カ月ごとに定期的に診察をさせていただいております。

また、睫毛内反も小児の流涙、目やにの原因になります。本来、まつ毛は前のほうを向いていますが、生まれつきまつ毛が黒目(角膜)の方向へ向いており、まつ毛が角膜に当たってしまっている「睫毛内反」では、眼球が刺激を受けてしまい、流涙や目やにが出ます。
年齢とともに改善することを期待して、まずは角膜を守る点眼で通院していただきます。
改善が見込めないような場合は、手術でまつ毛を前に向かせます。

考えられる病気

執筆者

板谷 正紀(理事長)

板谷医師は大学で培ってきた硝子体手術と緑内障手術の技術を用いて、通常症例から難症例まで治療いたします。近視と乱視を矯正し裸眼生活を実現するICL手術や、近視・乱視・老眼を矯正し裸眼生活を実現する多焦点白内障手術の高い技術と深い経験を持っています。患者様の求めを理解して最高の提案と結果を出せるように常に全力で臨んでいます。

■資格

  • 医学博士(京都大学)
  • 日本眼科学会認定眼科専門医
  • PDT認定医(眼科PDT研究会)
  • 屈折矯正手術講習修了医(日本眼科学会指定)
  • オルソケラトロジー講習修了医(日本眼科学会指定)
  • CTR講習会修了(日本眼科学会)
  • 水晶体再建術併用眼内
  • ドレーン挿入術講習会受講(日本眼科学会)
  • ICL認定医(ICL研究会)

■経歴

1990年
京都大学医学部卒業
1996年
京都大学医学部附属病院助手
1997年
米国USCドヘニー眼研究所留学~Visiting Assistant Professor
2000年
神戸市立中央市民病院眼科副医長
2003年
京都大学医学部附属病院眼科助手
2005年
京都大学大学院医学研究科感覚運動系外科学講座眼科学講師
2009年
京都大学医学部附属病院眼科特定准教授
2013年
久留米大学医学部眼科学講座准教授
埼玉医科大医学部眼科教授
2017年
埼玉医科大学客員教授
はんがい眼科院長
2019年
医療法人クラルス理事長
2020年
板谷アイクリニック銀座院長