048-681-0101

受付 8:30〜12:00 14:30〜18:00

ネット予約

涙が止まらない・涙があふれて困る

涙の流れは台所のシンクと同じで、水(涙)が作られるところ(涙腺)と水(涙)が出ていくところ(涙道)があります。

眼形成外来での治療

「涙が止まらない」「涙があふれて困る」原因はいくつかありますが、眼形成外来で治療できるのは

  • 結膜弛緩症
  • 涙道閉塞
結膜弛緩症
白目(結膜)が加齢とともに緩んでくることにより、涙道の入口をふさいでしまい、涙があふれ出る病気です。
ゴロゴロする原因にもなります。点眼で症状が改善する場合もありますが、根本的に治療するには手術しかありません。
手術時間は片目で約20分、ゆるんだ結膜を一部切除します。
涙道閉塞
涙道が詰まってしまい目から涙があふれてしまう病気です。
原因は様々で、抗がん剤なども原因になります。
シンクが詰まるとカビが生えやすいのと同じで、涙道閉塞によって「涙嚢炎」をきたす場合があり、放っておかないほうが良いです。
今のところ涙道閉塞を治療する点眼薬はなく、手術が必要です。

手術は

  • 涙管チューブ挿入術
  • 涙嚢鼻腔吻合術(DCR)

があります。

涙管チューブ挿入術は、内視鏡で閉塞した部分を開通させてから、シリコンやポリウレタンでできたチューブを涙道に2~3カ月間入れておく治療です。
手術は片側約20分です。

涙道閉塞では、まずは涙管チューブ挿入術で治療を試みますが、長年涙道閉塞を患っていた場合は涙管チューブ挿入術では治らないため、涙嚢鼻腔吻合術が必要になります。

涙嚢鼻腔吻合術は、本来の涙道とは別の場所に穴を開け、バイパスを作る手術です。
約1時間30分ほどお時間をいただきますが、術後の経過は非常に良好です。
当院では気分を落ち着かせる薬を使いますので、眠っている間に手術は終わります。

考えられる病気