048-681-0101

受付 8:30〜12:00 14:30〜18:00

ネット予約

目の病気

目の健康を維持するためには、
病気の早期発見、早期治療が大切です。

さまざまな目の病気についての治療方針をご案内します。
はんがい眼科では、一般的な眼病の治療から緑内障、糖尿病網膜症、網膜剥離などの重篤な疾患の診断と治療に必要な機器をそろえ、トータルにケアいたします。
少しでも違和感がある場合は、大事に至る前にぜひご相談ください。

緑内障 りょくないしょう

視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気で、眼圧に対する視神経の脆弱性が最大の原因と考えられています。近年、大規模な疫学調査が行われ、40歳以上の日本人の5%が緑内障に罹患していることがわかりました。

日本眼科学会」より

  • 急性緑内障発作きゅうせいりょくないしょうほっさ

    目の中の水(=房水)の出口である隅角が、急に閉じてしまって眼圧が50mmHg(正常は10~21mmHg)以上、時に70mmHg前後に上昇した状態です。激しい痛みが目(眼痛)のみならず頭(頭痛)にも生じます。痛みだけではなく、角膜が濁ってかすんで見えるようになったり、嘔気、嘔吐などの消化器症状をが伴うことが多いです。

  • 血管新生緑内障けっかんしんせいりょくないしょう

    糖尿病網膜症に併発する最も治りの悪い緑内障です。血管新生緑内障と闘うためには緑内障と網膜硝子体疾患の両方を治療する技術が必要になります。

  • 慢性閉塞隅角緑内障まんせいへいそくぐうかくりょくないしょう

    狭隅角の目の人がなりやすい緑内障です。急性緑内障発作は目の中の水(=房水)の出口である隅角が急に閉じて起き眼圧も50mmHgを越えて痛みを伴いますが、慢性閉塞隅角緑内障は、ゆっくりと隅角の癒着が進み目の痛みが出ない程度の高い眼圧(例えば30mmHg程度)が長期間持続して気がつかないうちに視野障害が進みます。

白内障 はくないしょう

眼の中にある水晶体(カメラで例えるとレンズ)が濁る病気です。原因の多くが加齢で、60歳で70%、70歳で90%、80歳でほぼ100%に白内障が認められます。

※ 「非専門医のための白内障まとめガイドライン, 分類, 疫学, 原因, 症状, 診断, 治療, 予後」
「「The Journal of the Japanese Society for Cataract Research 13: 13-20, 2001」

網膜硝子体疾患 もうまくしょうしたいしっかん

目の奥の疾患(眼底疾患)には、網膜剥離・出血・黄斑円孔・黄斑変性症など様々なものがあります。 自覚症状として、視力低下、ものが歪んで見える(変視症)、ものが大きく見える(大視症)、ものが小さく見える(小視症)、黒い虫のようなものが飛ぶ(飛蚊症)などがあります。

関連ページ

  • 網膜剥離もうまくはくり

    糖尿病網膜症に併発する最も治りの悪い緑内障です。血管新生緑内障と闘うためには緑内障と網膜硝子体疾患の両方を治療する技術が必要になります。

  • 黄斑疾患おうはんしっかん

    視力をつかさどる黄斑が腫れたり、孔が開いたり、剥離を起こしたりして変形し、ゆがんで見えたり、真ん中が見えなくなったりします。主な黄斑疾患は、黄斑前膜(おうはんぜんまく)、黄斑円孔(おうはんえんこう)、加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)、黄斑浮腫(おうはんふしゅ)などがあります。

  • 黄斑前膜(黄斑上膜)おうはんぜんまく

    黄斑前膜(黄斑上膜ともいいます)は、視力をつかさどる黄斑の表面に膜が張り、その膜が絞り込むような力で黄斑を変形させ、分厚くなったり、皺が寄ります。歪んで見えたり視力が落ちます。

  • 黄斑円孔おうはんえんこう

    黄斑の中心部分に孔が開く病気です。急に見つめたところが見えなくなります(中心暗点)。手術で円孔を閉鎖して視力の回復を図ります。

  • 黄斑浮腫おうはんふしゅ

    網膜の血管から血液成分が漏れ出て黄斑部がむくむ病気の総称です。糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症など網膜血管の病気で起きます。白内障の術後に起きることも稀にあります。ゆがんで見え視力が落ちます。

  • 糖尿病黄斑浮腫とうにょうびょうおうはんふしゅ

    糖尿病網膜症で視力が低下する原因となる頻度の高い合併症です。網膜の血管から血液成分が漏れて黄斑部がむくみます。ゆがんでみえたり、視力低下をきたします。

  • 網膜静脈閉塞症もうまくじょうみゃくへいそくしょう

    網膜全体に分布する静脈は1本の網膜中心静脈に集まり眼の外へ出て行きます。この網膜中心静脈が閉塞したら網膜中心静脈閉塞症、枝が閉塞したら網膜静脈分枝閉塞症といいます。行き場が無くなった血液が網膜にあふれ網膜出血となり、黄斑浮腫もきたします。

  • 加齢黄斑変性かれいおうはんへんせい

    網膜の中心である黄斑を守る土台が加齢とともにダメージを受けて変化し視力の低下を引き起こす病気です。黄斑を守る土台が萎縮して黄斑が痛む「萎縮型」と土台から脈絡膜新生血管が生えて出血や水漏れを起こして黄斑が痛む「滲出型」の2種類あり、それぞれ治療方法が違います。

強度近視からの疾患

  • 強度近視脈絡膜新生血管きょうどきんしみゃくらくまくしんせいけっかん

    病的近視における脈絡膜新生血管は病的近視の方の5~10%に起こる病気で、眼底で出血やむくみを生じる病気です。現在、治療法は大きく進歩し、きちんと治療を続ければ、症状の改善が期待できるようになりました。

  • 強度近視網膜分離症きょうどきんしもうまくぶんりしょう

    強度な近視は眼球の後部だけが局所的に後方へプクっとふくれたようないびつな形をしていることが多く、網膜の前面に膜が張り付いて網膜を前方へひっぱることがあります。その結果、網膜に負担がかかり網膜が前後に分離してしまうことがあり、これを網膜分離といいます。進行すると網膜が奥の組織から剥がれて黄斑剥離という状態になります。網膜の中心部はうすくなっていて弱いので、ここに孔が開いてしまうと黄斑円孔網膜剥離と呼ばれる治癒が困難な状態になります。

その他の目の疾患

眼球以外のまぶたの筋肉の下垂や痙攣など目の周囲で起こる疾患もあります。
放っておくと視野が狭くなったり、思うように見えにくくなることが想定されまので、何かご不安を感じたときにはすぐに当医院へご来院いただくのをおすすめいたします。

  • 眼瞼皮膚弛緩がんけんひふしかん

    上まぶたの皮膚が年齢と共に緩んできて、まつ毛の上に皮膚がかぶさり、まぶたが重く感じたり、上の視野が欠けたりする病気です。

  • 眼瞼下垂がんけんかすい

    眼瞼下垂になると、「いつも眠たそう」な顔になります。下垂したまぶたのため上の視野が欠けます。
    稀ですが、動眼神経麻痺や重症筋無力症など重篤な体の病気が隠れている場合があり、注意が必要です。

  • 眼瞼内反症がんけんないはんしょう

    まつ毛が黒目(角膜)に当たることで、目の痛みや目やになどの不快な症状が出る病気です。

  • 眼瞼痙攣がんけんけいれん

    まぶたがピクピクして気になるのは、眼瞼ミオキミアといい、ストレス、睡眠不足、眼精疲労が原因となります。治りにくいまぶたの痙攣は、顔面けいれんで、顔面神経の圧迫によるもので、目の周囲だけでは無く頬や口のまわりもピクピク動きます。「眼瞼痙攣」という病気はありますが、実際はまぶたが痙攣するわけでは無く、まばたきがうまくいかなくなり、目が開けにくくなったり、まばたきが増える症状が特徴です。

  • 涙道閉塞るいどうへいそく

    涙の排水路を涙道と言います。涙は涙道を通って鼻に流れ出ます。涙道が詰まっている状態を涙道閉塞といいます。涙道が詰まっていると、涙が逆流して涙があふれます。涙道の途中で涙を貯める涙嚢が有り、感染を起こしやすく膿が溜まる涙嚢炎をおこしてしまいます。手術により改善できます。

  • 結膜弛緩症けつまくしかんしょう

    白目(結膜)が加齢とともに緩んでくることにより起こる病気です。「目がしょぼしょぼする」、「涙っぽく感じる」、「目に何かあるように感じる」など、さまざまな不定愁訴の原因になります。手術で治します。

小児眼科疾患

小児期の疾患は仕草などが癖になってしまうものもあれば、お子さんの生まれつきの疾患として抱えているものもあり、いずれも早期治療し対応することが重要です。
お子さんの豊かな視野を持って生活できるよう、気になることがあればご来院時に医師にご相談ください。

関連ページ

  • 先天性鼻涙管閉塞(小児)せんてんせいびるいかんへいそく(しょうに)

    涙道の出口(鼻涙管開口部)は生誕とともに開通するのですが、開通されていない場合先天性鼻涙管閉塞になります。目やにが多くいつも涙を浮かべているように見えます。自然開通することが多いため、感染を抑える治療をしながら、涙嚢マッサージなどで自然開通を促しますが、開通しない場合は涙道ブジーという処置を行います。

  • 先天性眼瞼下垂(小児)せんてんせいがんけんかすい(しょうに)

    生まれつきまぶたを上げる筋肉が弱く、まぶたをうまく上げることができない病気です。手術で治療します。

  • 睫毛内反症(小児)しょうもうないはん(しょうに)

    生まれつきまつ毛が黒目(角膜)の方向へ向いており、まつ毛が角膜に当たってしまっている状態です。子供の時は、目の周囲の皮膚や皮下組織が余分にあるために起こりますが、成長とともに顔貌が広くなり自然と治ることが多いです。子供の睫毛は細いため角膜を傷つける子tが少なく、成長しても治りが悪かったら手術を行います。