048-681-0101

受付 8:30〜12:00 14:30〜18:00

ネット予約

急性緑内障発作

はじめに

目の中の水(=房水)の出口である隅角が、急に閉じてしまって眼圧が50mmHg(正常は10~21mmHg)以上、時に70mmHg前後に上昇した状態です。激しい痛みが目(眼痛)のみならず頭(頭痛)にも生じます。痛みだけではなく、角膜が濁ってかすんで見えるようになったり、嘔気、嘔吐などの消化器症状が伴うことが多いです。吐き気があっても、目の痛みが伴えば、胃の病気ではなく急性緑内障発作の可能性を考えて眼科を受診していただきたいです。

どのような人が発作を起こす?

では、どのような人が急性緑内障発作を起こすのでしょうか?実は、若い頃目が良かった人に多いのです。若い頃メガネいらずだった人は、近視の無い遠視か正視の人で、目が小さいのです。目が小さくても水晶体は大きいので、水晶体が黒目を後ろから押して隅角が狭くなっています。狭隅角といいます。狭隅角の人は、使えない薬が多い、体位にリスクがある、眼科で瞳を開く検査(=散瞳検査)が受けにくいなど、危険に満ちています。例えば、腹痛で救急に駆け込むとブスコバンというお薬を投与されますが、狭隅角の人は緑内障発作を起こすリスクがあります。他にも、狭隅角の人が使えないお薬はたくさんあり「緑内障の人禁忌」と書いてあります。このようなお薬は、実は緑内障の一部である狭隅角や閉塞隅角の人が使えないだけで、緑内障の大部分である開放隅角緑内障の人は使っても問題ないのです。中年期以降になりましたら自分が狭隅角かどうかは知っておいた方が良いでしょう。

どんな時に起こる?

では、どのような時に急性緑内障発作を起こすのでしょうか?「かあさんは夜なべをして手ぶくろ編んでくれた~♪♪」という音楽がありますが、昔日本が貧しかった頃、夜ほの暗い室内で息子のために下を向いて編み物をする母親、これこそが急性緑内障発作を起こしやすい状況なのです。つまり、「暗い」と瞳は中等度散瞳して隅角が狭くなります。「下を向くと」水晶体は前に移動して隅角は狭くなります。お母さんは、知らずとはいえ、このダブルのリスクを冒して息子のために手ぶくろを編んでくれたのです。

急性緑内障発作の治療

治療は、即座に眼圧を下げる点滴と縮瞳剤点眼をして瞳を縮めて発作を解除します。しかし、再発のリスクが高く根治とはなりません。根治は、レーザーで黒目の端に孔を開ける(レーザー虹彩切開術)か、少しでも白内障があれば白内障手術です。レーザー虹彩切開術は問題も多いため、最近は白内障手術を選択する緑内障専門医は増えています。狭隅角の目は白内障手術が時に難しいため熟練した術者が執刀すべきだと思います。