048-681-0101

受付 8:30〜12:00 14:30〜18:00

ネット予約

眼瞼痙攣

眼瞼痙攣とは

眼瞼痙攣(けいれん)はまぶたがピクピクして気になる、目が開けづらくなる病気です。

治療法

眼瞼痙攣(けいれん)の治療方法は、ボトックスの注射と手術です。ボトックスの注射は簡便ですが、3~6カ月後には効果がなくなり、再度注射が必要になりますし、注射が効かない患者さんもいらっしゃいます。手術の場合は、まぶたを閉じる筋肉(眼輪筋)を切除したり、逆にまぶたを開ける筋肉(ミュラー筋)を切除することによって痙攣を抑えます。再発する場合もありますが、大きな合併症もなく、傷も目立ちません。手術時間は片目で約30分です。