048-681-0101

受付 8:30〜12:00 14:30〜18:00

ネット予約

睫毛内反症(小児)

睫毛内反症とは

本来、まつ毛は前のほうを向いています。しかし、生まれつきまつ毛が黒目(角膜)の方向へ向いており、まつ毛が角膜に当たってしまっている状態です。角膜に傷がついてしまっても、年齢とともに治る傾向にありますが、ひどい場合には傷により視力が低下してしまうこともあります。

治療法

年齢とともに改善することを期待して、まずは角膜を守る点眼で通院していただきます。改善が見込めないような場合は、手術でまつ毛を前に向かせます。手術翌日から洗顔できます。抜糸は術後1週間で行いますが、その頃には腫れも引いています。きれいに縫いますので傷は目立ちません。