048-681-0101

受付 8:30〜12:00 14:30〜18:00

ネット予約

黄斑円孔

中心暗点

網膜の中央部分である黄斑のさらに中心部分(中心窩といいます)に孔が開く病気を黄斑円孔と言います。黄斑円孔は、60歳代を中心に中高年の方に好発する疾患です。孔が開いたところは機能しませんので、見つめたところが抜けて見えます(図参照)。これを中心暗点と言います。
ごく稀に自然に閉じることがありますが、通常は自然に良くなることは無く、むしろ徐々に円孔は拡大し中心暗点が大きくなっていきます。
お薬では治らないため黄斑円孔を閉じるために硝子体手術を行います。

黄斑円孔はなぜ起きるのでしょうか?

眼の中身である硝子体の一番後ろにある膜を後部硝子体皮質といいますが、生来網膜の表面に張り付いています。ところが、加齢とともに硝子体が縮むと、この膜が網膜から離れようとして、黄斑の中心部分(中心窩)を引っ張ります。(図参照)多くの方は、孔が開かずにはずれてしまいますが、一部の方は下図のように孔を開けてしまいます。

  • 黄斑円孔のOCT画像

  • 正常な目のOCT画像

黄斑円孔が起きる過程

黄斑円孔手術を受けるメリットは?

  • 01見え方の改善

    真ん中の見えない部分(中心暗点)が縮小し、多くの場合1ヶ月毎に視力は改善していきます。改善の程度は、円孔の大きさ、円孔の起こり方、円孔が発生してからの時間、年齢などにより異なります。

  • 02黄斑円孔によるさらなる視力低下の可能性がなくなる

    黄斑円孔は放置すると拡大し視力がさらに低下するとともに手術による閉鎖が難しくなります。手術を受けることでさらなる視力低下の可能性がなくなります。

黄斑円孔手術の限界は?

  • 01視力改善の限界

    手術の成功は黄斑円孔の閉鎖です。黄斑円孔が閉鎖すると多くの場合は視力がゆっくりと改善しますが視力の回復の程度はさまざまです。1.0以上の矯正視力が得られる場合もありますが、なかには閉鎖に成功しても視力改善が期待したほど起こらない症例があります。高齢、円孔が大きい、円孔が古いなど理由はさまざまですが、中心部分の光を感じる神経細胞(視細胞)が喪失したためと考えられます。

  • 02見え方の後遺症

    視力が改善しても完全に元通りの見え方に戻ることは稀で、多少のゆがみや見えにくい部分が残ります。

黄斑円孔手術を受けるタイミングは?

黄斑円孔が発見されたら緊急性はありませんが、早めに手術を受けた方が良いです。

黄斑円孔手術の方法は?

硝子体手術

術式として『硝子体手術』を行います。白目に3ヶ所孔をあけ、細い特殊な器具(灌流液注入器具、硝子体カッター、照明器具)を眼内に挿入し、まず硝子体を黄斑部から引きはがして切除します(下図)。その後、細い膜剥離用鑷子を用いて網膜の最表面にある内境界膜を剥離除去します(下図)。内境界膜は透明で見えにくいためブリリャントブルーGなどの色素で染めてから行います。内境界膜を除去することで、網膜の伸展性が得られ黄斑円孔の閉鎖率が格段に向上します。最後に眼内を空気に置換し、術後下向きを行うことで円孔閉鎖を促します。麻酔は局所麻酔(テノン嚢下麻酔)で行います。50歳以上の患者さんは白内障手術との同時手術が推奨されます。
通常の症例であれば、平均35分前後の手術時間になります。

  • 膜剥離

  • 術後の下向き

黄斑円孔が閉じなかった場合は?

黄斑円孔を1回の手術で閉鎖できる率は、過去の報告によりまちまちで76.4%~100%とされています(*)。実際には、通常の黄斑円孔は、ほぼ100%閉鎖しますが、大きな黄斑円孔、古い黄斑円孔、近視の強い眼の黄斑円孔、他の眼疾患に続発した黄斑円孔などは閉鎖しにくく、再手術が必要になることがあります。すなわち、このような閉鎖しにくい難症例が多く含まれると閉鎖率は悪くなるのです。 最近では、このようなあらかじめ閉じにくい難治性黄斑円孔に対しては、内境界膜翻転術という特殊な術式が開発され閉鎖率が向上しています。 閉鎖しなかった黄斑円孔に対しても、内境界膜自家移植術という特殊な術式により閉鎖を得る可能性を高めることができます。

※ Rodrigues EB, Meyer CH. Meta-analysis of chromovitrectomy with indocyanine green in macular hole surgery. Ophthalmologica. 2008;222(2):123-9.

黄斑円孔手術の合併症は?

硝子体手術は小切開手術になり、高速回転の硝子体カッターが登場し、かなり安全になりました。以前に見られた合併症は激減しています。しかし、合併症は0%ではありません。
大切なのは、患者さんも医師も合併症の可能性を理解し、生じたときに適切に対処する情報と覚悟を持つことです。
多くの合併症は適切な対処で対応できます。
視力低下してしまうリスクのある合併症もありますが、あらかじめ理解しておくことで適切な対処が可能になり視力低下のリスクを減らすことができます。
当院ではあらゆる面で細心の注意を払い合併症を防ぎつつ、万が一のいかなる合併症にも対応できる体制を整えています。
術後の高眼圧には緑内障治療の経験が生きてきます。網膜の合併症には網膜硝子体疾患全般を治療する豊富な経験により迅速に対応します。

稀な術中合併症(当院で対処できます)

  • 01網膜裂孔新生

    硝子体を網膜から剥離させているときや硝子体を切除しているときに、網膜の弱いところ(格子状変性など)が引っ張られて破れることがあります(網膜裂孔と言います)。

    対処法

    網膜裂孔のまわりをレーザー光凝固して固めます。

  • 02駆逐性出血

    術中に発生する急激な眼内の出血(脈絡膜という網膜の土台からの出血)。

    対処法

    即座に創を閉じ、強膜に切開を入れ脈絡膜下の出血を除去し、シリコンオイルを注入します。

稀な術後合併症(当院で対処できます)

  • 01網膜剥離

    小切開手術になり激減しましたが、術後に網膜剥離が起こりえます。

    対処法

    硝子体手術により網膜剥離を治します。

  • 02術後眼内炎

    硝子体手術後、眼の中で細菌が増殖し、化膿した状態になるのが術後眼内炎です。ほとんどが術後3日から1週間の間に起こります。
    こじらせた場合は重篤な視力障害、失明まで引き起こします。
    はんがい眼科は、術後眼内炎の予防のために手術室の清浄化と空調、術前抗菌薬点眼、術前眼洗浄などすべての面で出来る限り気をつけています。多くの場合は近年人の身体に増えている抗生剤の効きにくい耐性菌が原因ですので、出来る限り気をつけていますが、術後眼内炎は起こりえます。大切なことは、早期に気がつくことです。黄斑円孔の術後で術後眼内炎に気がつくサインは、急な目の痛みと急な充血です。

    • 手術前後の目薬をしっかりつける
    • 術後1週間は汚れた手で眼をこすらない
    • 術後の診察を忘れずに受ける

    など患者さんの協力も必要不可欠です。