048-681-0101

受付 8:30〜12:00 14:30〜18:00

ネット予約

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂になると、上の視野が欠けて「いつも眠たそう」な顔になります。徐々に進行していくことが多いため自分では気づかないことも多く、他人から言われて初めて気づく方もいらっしゃいます。まぶたが下がるのを無意識的に補おうとして、おでこの筋肉を使ってまぶたを上げているため、おでこの筋肉が疲れて慢性的な「頭痛」「肩こり」に苦しんでいる方もいらっしゃいます。

稀ですが、動眼神経麻痺や重症筋無力症など重篤な体の病気が隠れている場合があり、注意が必要です。

まぶたの構造

まぶたのキワには、瞼板(けんばん)というカマボコのような形の軟骨があります。そして、瞼板には上眼瞼挙筋腱膜、ミュラー筋という筋肉が付いており、それらが縮むことによりまぶたが上がります。この筋肉と瞼板の結合が弛んでしまうことにより、まぶたが上がりにくくなり「まぶたが重い・物が見えにくい」といった症状が現れます。

眼瞼下垂のタイプ

先天性の眼瞼下垂
先天性の眼瞼下垂は生まれつき瞼の筋肉の状態が良くないことを指します。特に先天性の場合は視機能の発達不良(弱視)について留意する必要があります。通常の状態であれば瞼が開くことで自然と視機能が発達しますが、先天性眼瞼下垂は視機能の発達が妨げられて弱視となることが有りますので、手術等の措置を取ることで視機能の発達を促します。生後から眉毛や顎を上げて物をみようとする仕草が続く場合は眼科医にご相談下さい。
後天性の眼瞼下垂
多くの場合は加齢とともに上眼瞼挙筋膜やミュラー筋といった筋肉と瞼板との結合がたるんでくることにより、まぶたが上がらなくなってしまう病気です(加齢性(老人性)眼瞼下垂)。瞼を擦るなど、負担をかけることで徐々に進行するため気付きにくく、人によっては重い眼精疲労や肩こりを伴うことが特徴です。単なる加齢の他に、ハードコンタクトレンズを長期間装着している人やアトピー性皮膚炎でまぶたを強く触る人にも多く見られます。他に、眼瞼下垂と思われても眼瞼の皮膚が緩んで垂れ下がっている眼瞼皮膚弛緩症もあり、真の眼瞼下垂とは区別する必要があります。一方、動眼神経麻痺や重症筋無力症など神経の麻痺により起こる眼瞼下垂もありますので診断に注意する必要があります。

治療法

加齢性眼瞼下垂では、伸びてしまった上眼瞼挙筋腱膜、ミュラー筋と瞼板を縫って強い結合にすることで筋肉の力が瞼板にしっかり届くようにします。手術翌日から洗顔できます。抜糸は術後1週間で行います。術後まぶたは腫れます。まぶたの腫れは徐々に解消しますが、完全に腫れが無くなるには数ヶ月かかります。手術をすることにより、まぶたがあがり、視界も広がります。きれいに縫いますので傷は目立ちません。一方、体の病気が原因で眼瞼下垂になっている場合は、体の病気を治療することが必要です。

手術について

麻酔 局所麻酔
所要時間 1時間程度
抜糸までの時間 1時間程度
洗顔、メイク 手術後翌日から洗顔可能
メイクは抜糸後から可能

症例紹介

年齢 81歳(手術当時)
性別 男性
病名
(もしくは術式)
眼瞼下垂床
費用
(自費の場合)
10割負担で約150,000円
該当の手術日 2017年2月27日
術後何日目 術後約3カ月

当院では眼瞼下垂に関しての専門医が勤務しております。
詳しくは各ドクターのプロフィールをご確認下さい。